コラム

雇用期間にあるときは、できれば同僚に気づかれないように…

在職中には、できたら、周りの人にバレないように(自身の例です・・

在職期間中は、出来るだけ周りの人に悟られないよう、(自身の場合)前職中に「転業するかも」という意図だけ、活動初期の段階で会社内で仄めかしてみました。でも、その顎、求人情報をあれこれチェックしていったのですが、結局就職先やタイミングさえも無鉄砲に決まらずダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。一方の会社のほうは、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したのち、次の就職先を探すハメになりました。

今後、労働力という観点において段々と簡単な仕事は機械に差し替えられてい・・

これから、労働力という観点においてぐっと思考を必要としない作業は機械に変換されて結果として、稼働人口はどう考えてもカットされていきます。というのは、シンプルな作業は人間の手を借りるよりも機械のほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ動きを延々と反復したりすることは機械には問題ありません。当たり前のことながら人と違って愚痴は言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。さらには、給料が発生しないのも違いですね。生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械にシフトされるもの自然といえます。

転職サイトは有名なサイトであるほどたくさんの案件が掲載されているた・・

転職サイトはメジャーなサイトであるほど豊富な量の求人情報が掲載されているため、気に入った2~3社を、まずは転職サイトに登録した上で、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに自動の案件紹介設定をしておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。しかしながら、初回に限っては登録するのにかなり手間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする初回時は時間がやや必要ですし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後の応募を考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけるのが得策です。

転職活動で大事なことは希望先転職先の会社企業というより・・

転職活動といえば、希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接官との勝負といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、第一歩として緊張せずに冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで望むと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接ではまずはじめにあなた自身の「人間性」を評価してもらうので悪い評価になるような言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。また常識的な社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

転職というものをする場合、その職場の自分の給与ばかりを気にする人…

転職する場合、転職したあとの自分の給与について気にする人がかなり多いように思います。もちろんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を稼ぐために精を出すとは思います。ですから年収がいくらかは自分の社会的な価値を知る値という見方もできるから、大切に思うのは当然ともいえます。それにしても年収の額に固執しすぎる人生というのもさみしい気がするでしょう。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

この前新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に向かいました。

一昨日仕事を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の人の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員のようで、私が伝えたいことの2分の1もわかってはいない感じです!しかも「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが大切でしょう」とか、経験豊富なベテランのように偉そうにのたまうので大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのは多少は仕事の経験がある方にするべきだと思います。

再就職をしようと考えていても全てがスムーズに進行する…

転職をしようと考えていても全てが首尾よく運ぶとは限りません、可能であれば、そのうちに転職しようと思っているなら状況が許す限り早いうちに行動したほうが良いです。平均的に見ると、20代のうちはかなり有利ですが、30代後半~40代に突入すると転職結果は、たいへん厳しくなります。管理職など、重要な役職に就いているのなら、転職したいと思い立っても、現在の会社にとどまることも選択肢から外さないほうが良いです。つまり、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社を辞めないままの方向で転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が賢明といえます。

職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズで良・・

再就職の時に行われる面接時にクールビズで来てくださいとと事前に言われる場合もありますが、クールビズで面接に行くのは失礼に当たるのでは?と思ってしまう人もいます。そのような考えを背負いこんでいる方に伝えたいのは、クールビズOKだと言われた面接のときは言われた内容を素直に聞き入れたほうが安心できます。色々考えすぎてしまい、暑い季節にスーツをびしっと着ると逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズで良いと書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。

クールビズをして再就職の面接会場に行こうとする場…

クールビズ(軽装)をして再就職の面接に行くときには、いくらなんでもジャケットは着用しなくても安心であるとはっきりと言えるのですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしで良いと思っている企業も存在する確率もありますが、ネクタイについてはクールビズだろうとつける必要があると考えている企業がいくらか存在するわけです。そんな訳で、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイは絶対に着用していった方が良いということを分かっておいてほしいです。

いよいよ転職することを予定しているのなら、現状の仕事や…

今から転職しようと考えるのなら、直近の仕事や業務での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が良いです。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満があるから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて人間関係などの客観的にみた問題を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのは可能です。

求人情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

求人関連の情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、製造業に目を通さない人がいますが、そういった人は、「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に分類される仕事がたくさんあります。けれども、製造業は往々にしてオフィス街から距離があります。そのため、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。だとしても、自らの執着をなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

友人からの紹介によって転職する先を見付ける人がいます。

知人による紹介で転職の先を見つける人もいます。そうはいってもその場の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、紹介者からの口コミを鵜呑みに判断してしまうとあまりトラブルになることが多いです。なぜなら、個人による口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに友人・知人の立場では今よりずっとベターな職場環境であっても、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな場合かもしれません。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、最終的には自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

これまで私は、「転職サイト」で職を探すより、私はハローワーク派でした。

以前の私は、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」を利用していました。というのも有名な「転職サイト」は、いつも都心の求人情報しかないからです。そのため、転職活動をする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、掲載されるいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、地域密着といった点では安心して面接に進むことができます。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするというイメージがある方もいるかと思いますが、思いのほか、転職サイトには掲載されていない求人があるので、これから転職希望の方は、ハローワークに1度行ってみることをお勧めします。転職サイトのようにこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。

転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントを活用し、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。しかしながら、転職先を確実に見つけたいのであれば、並行して転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加した際は複数の企業に関する情報に触れることができ、さらに、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業特有の個性を感じられるでしょう。もしも、転職フェアに参加する場合は、1次面接を受ける心構えでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。その結果としてフェアの中で、企業に好感を持ってもらえたら、そのあとの採用面接時に非常に有利となります。

転職の面接を受けるためとある会社に行ったときのことです。

転職の採用面接を受けるため転職希望の会社へ赴いたときのことですその日に限って会社の部屋が空きがないというわけで会社外部で人事部の方と待ち合わせて採用面接をし、当該会場で解散をして、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、奇遇にも自宅最寄駅が同じ。なので電車の中でも一緒に会話をしながらいっしょに帰ることとなって、すっかり打ち解け話が盛り上がり、それが原因かなんとか採用をゲットすることができました。

再就職の際の面接は、中小企業だったらその社内の「人事」担当が面接官になります…

再就職の際の面接は、中小企業であれば、ほとんどが人事担当者になりますが、場合によっては違うこともあります。例えば、今後仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、という具合に管理職である部長や課長が面接の場にいることも珍しくありません。とりわけ、事務系や営業系といったカテゴリでは、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいですから、積極的に自分を売り込んでいくことがとても重要になります。面接担当者から「この人はハッキリ自己アピールできるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

転職の面接を受ける時につけていく腕時計においては、目立つよう…

転職時の面接につけていく腕時計は、目立つ時計はしないほうが好ましいです。この場合の目立つというのは明らかに高価なものだったり、といったことだけではありません。反対に安い腕時計に見られてしまうとか、そういう目立つということで真逆の意味で目立つのだととらえておきましょう。面接のときに着用する腕時計においてはネクタイやスーツと同様に、面接にふさわしい安全なものをつけた方がベストです。ただ、自身の年齢に見合ったものであるということも不可欠なことで、新卒の頃に面接時に買ったものよりは多少でも値が張る腕時計にした方が間違いないとはっきりと断言できます。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールで何度も連絡が入ります。

転職エージェントに一旦登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。これに関して初めて利用した人は大変驚くことが少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事なため、非常に積極的です。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが多々あります。さらに、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、入社するよう後押ししてくることがよくあります。自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように要注意です。

転職するときは、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが…

転職を行う場合、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐としてその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、違った角度から見れば、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が気にする必要もないはずです。しかし、真実はクロで「このままではマズイと考え、一刻も早く火消ししたい」と思っているかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いということは、それだけトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと判断して良いはずです。というか、善良な会社にはトラブルなど起こりません。

派遣社員というものは、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと…

派遣社員だからといっても、1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職したことで理解しました。私は新婚し、生活に慣れたらすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年だけそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より年収は少なめでしたが、それでも時間的な自由が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほぼ全員派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

-コラム