コラム

転職の予定があるのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい転職先で、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職した場所では、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。とりわけはじめの年はおおむね「研修期間」が入っている会社が多かったりもします。自身の場合は尽力して手に入った職場なのに、予想とは裏腹に前の職場での年収と大方同じで変わりませんでした。加えて、業務内容はとてもキツく、かなり責任を伴い初年度をクリアするのに本当に苦労しました。そのような経験をしてみると、初年度は、仕事を覚える期間として捉え、できるだけ転職以前にお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

女性が転職するに当たり、今と数年前では少なからず、状況が変わりつつあります。

女性が転職するに当たって、数年前と現在とは若干の変化があるようです。過去には、結婚の予定や出産後の方針などのことに関して、普通に女性たちに質問していました。でも、今ではそのようなデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、NG質問として神経質になっています。でも、会社側は、YES・NO、で返答するのではなく、その人の生き方、結婚した後も働きたいのか、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自分の考えを伝えるためにも、志望動機・自己PRと併せて話すことで面接官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思うわけです。たとえ、質問されていないことでも、あなたが先んじて気遣いながら答えておくとよいでしょう。

かつては求人誌では、雇用主が必要とする「性別」について、…

一昔前の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで当然のように書かれていました。ですが現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用する際、男女の差別があってはならないとして、応募条件の詳細に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、求人情報を出す会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。ですので、男手を必要な企業に女性が応募してきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といったトラブルも無関係ではありません。求人で女性活躍等といった内容なら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうが確実でしょう。

転職の面接で必要なスーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の際…

職を変える際にいるビジネススーツの色合いについては、新卒の就活の時に着用しているカラーが一般的となっています。ですから、黒とか紺色といった感じのような暗めのカラーになります。それは再就職のケースでも、着用していくスーツの色は新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが多数派になっており、他のカラーを着ている転職者はほぼ見ることはありません。それ以外の色と言うと、グレーを着用している方が若干いるくらいで、だいたいは紺系や黒系が多いので、人事部から見てもそのような色であるほうが普通に感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはそういった色を着用する方が良いわけです。

このようにここ最近の雇用形態の激変ぶりに際して、34歳ぐらいまでの若者の・・

このようにここ数年の会社や企業の労働環境の慌ただしい変化について、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者たちは鋭敏に感じ取って、大方、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。従って、就業者などの労働力の「流動化」が活性化しているので、それに応じてこの先、若い世代の転職への注目が強くなっていくでしょう。労働市場の「流動化」が背景にあることで、転職はより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、「会社を辞めて転職」はそのことだけで印象が悪く、転職が思うようにいかず、困っていた人も多くあったのです。ところが、時代が変化し現在の会社に固執する意味が段々と薄れてきています。

再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」にお・・

再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、大都会から地方に移住しつつ、転職したいと検討している人、実践している人が増えています。ここ最近は転職サイトを用いれば、郊外・地方での求人情報にもいつでも容易にアクセスできます。ただ残念なことに、地方での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが正直なところといえます。といった問題があるので、転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども見逃さずに確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートに関する情報も見逃しがないようにしましょう。

職を変えると、だいたいの場合はそれまでの仕事の美化された記憶となります。

転職したケースでは、大体の場合、前の会社の仕事のほとんどの記憶は美化されます。本来は現在の会社に合意できない点があるから、前向きな思いでやっと退職を決め、再就職すことになったのに、時の流れとともになぜかわからないけれど新しい会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と思うことが増えてきます。それというのは極めて当然のことで、前職は日々の業務に慣れていて今よりも簡単に日々の業務が淡々とできていたのが、大きい理由ですが、その一方、「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と思うほど、以前の職場の方が職場環境ややりがいがある場合もあります。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が次々と打ち出されています。経済政策が日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・企業ともに次の世代の変化が増加傾向にあります。そういった変化を受けたことで、企業サイドでも労働人口減による「人員不足」がかなり深刻化しています。ちなみに「外国人の労働者」の割合を現状よりも増加させていく、つもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用や転職をとりまく状況も大きく変わっていくはずです。

転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは業界・・

転職活動のさなか、良いと思う求人(または業界)を見た際に逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス要素について、アドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なインターネット検索によってすぐに現実を知ることができます。そういう検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、直後に痛い目にあいます。だいたいその求人が出ている理由が、「仕事がキツイから人が辞めて穴が開く」というケースがかなり多いため、気に入った案件や業種については、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

転職先を選ぶにあたって、言うまでもなく仕事のやりがいアップも重要だ…

転職にあたっては、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと共に手取りが増えることも大事なポイントになりますから「年収サイト」に登録をして今いろいろ研究をしています。同じ会社でしかも一緒の職種、社歴なのに人によってとても違いがあることも多くあり、正直に言うと面接時に質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人間について誰なのか予測がついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

とある古物商にて、書類審査に合格しました。その後担当者から、面接日時を教えてもらいました。

とある古物商にて、書類選考をクリアしました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、面接日当日、行ってみると、どうしたものか相手が面接の準備を全くしていませんでした。待たされたのち、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、だらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接は終わりました。けれど、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも届かずそこで改めて質問したところ、驚くことに、「今回はご縁がなかったということで」とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。しばらく言葉を失いましたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと思っています。

看護師という職業の人のほかの仕事に転職の原因はその人それぞれではないでしょうか。

看護師という仕事の人の他の職に転職に至る原因は、一人ひとり違います。それを見てみると看護師が他の仕事への転職には「職場の中に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産そのうえに家族の介護など、身近な家庭環境のいろいろな変化によって今までのようには働き方が厳しくなってしまった」「今の収入面で不満がある」など、さまざまな理由が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、転職を決断する前に、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度時間を掛けて現状を客観視することも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断してみましょう。

今と違った会社に入りたいと転職を希望する場合には「1日でもはやく…

今と違った職場の社員になりたいと転職で活動している人というのは、「1秒でも早く、採用通知がほしい」と考えがちです。しかし、そのために採用通知を得たいあまり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、あるいは反対に安売りするようなことは、出来るだけ避けておきましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをグッとおしころして、冷静かつ客観的にあなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く探していきましょう。

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。現在の企業側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。なお、「失業手当」の金額については、最後に受け取った月の近々の給料をもとに失業手当の支給する額を計算されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

最近はパソコンを見ればネット上では、要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるも…

この頃はパソコンやスマホは便利でインターネットで見られる世界では今では転職情報を掲載している「転職サイト」がかなりの数あります。その多くのサイトから自分自身の目的に合った転職先と思えるのを探すためにも、まずは情報を集めることが欠かせません。転職サイトをうまく利用することでスムーズな転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

昔から「石の上にも三年」という諺がありますが、現在の社会…

昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともにその背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、当たり前になりつつあります。とはいうものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。仕事を変えたいと考えているなら、タイミングというのも有るでしょう。はじめに、今現在の職場、や仕事内容について、不満に思っている点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は箇条書きしてみてください。そうしておくことで、転職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、早めに良い仕事を手に入れられるように努力していきましょう。

転身を検討しているのなら、たくさんの企業の募集案内を普段からチェックすることが…

転業を考えているなら、こまめにさまざまな会社の情報をチェックしておくと転業先を大いに選びやすくなります。現在の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、転職活動を開始したとき、どこの会社も魅力的です。そうなってしまうと、どこを選んだらよいのか迷ってしまうので判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。その結果、早々に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、どんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

転職先を探している期間中は、趣味に打ち込むことに加え…

転職期間のあいだは、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない生活が良いでしょう。転職先が決まり、仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたことで無意識のうちに集中する力がアップします。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、一緒に働く人たち以上にスタミナがあると自ずと認識することができます。なので、退職したら自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力を落とさないようにすることをするのが何より良い事なのです。今後、同じ会社内で同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、仲良くなるキッカケになるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職を考えている時に目を光らせる募集内容についてはおおまかなものと…

再就職をする際に閲覧する求人というのは、目安として載っている確率がありますから、書いてある情報は正確なことだとは思うのはやめておいたほうが最適でしょう。中でもとりわけ給料に関しては平均的な値なのか?最低金額であるのか?最高額なのか?というような読みができる転職者は少なく、自らの勝手な判断でわかったつもりでいると、後悔する可能性も少なくなりません。という訳で、嫌な思いをすることになる前に、募集要項に関しては、一般的なものだと思って、そういったとても大切な事は会社の方に直に連絡を取ってみた方が良いでしょう。

再就職の面接などにおいてもし担当者に名刺を手渡されたら…

転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を差し出してきた場合、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と迷った場合は、一般的には差し出さないもの、と覚えておいてください。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、就職活動の一部です。ですからほとんどは名刺を交換する時間とは違います。そのうえ、会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。ですから、もしも相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうは名刺を受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげることはないと考えます。

-コラム