コラム

転職する企業で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい就業先では「年収」の理想を高くしないようにしましょう。ことさら、入社したはじめの年度は、ほとんど「研修期間」を含んでいる企業も多かったりもします。自らの新たな仕事に就いたときは、なんとか手にした仕事なのに、期待とは裏腹に前の職場での年収とほとんど同額だったことがあります。しかも業務は多忙を極め、かなり責任重大な立場でもあったので、1年目は、たいへん状態でした。そうした経緯から1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職するよりも前からお金をためておくべき、と思います。

女性が転職する時、一昔前と今とで若干、違ってきている点があります。

女性の転職に際して、一昔前と現在とでは若干の変化があるようです。過去には面接のなかで、結婚の予定や出産後の考え方に関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。しかし、現在の流れとしては、セクハラと会社側が捉え、質問を避ける会社が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっています。けれど、企業側としては、YES・NO、の2択でなく、その女性が、結婚した後も働きたいのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っているものです。あなたの人生設計を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら伝えることで、会社側にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思うわけです。ですから、質問されていないことでも、先にあなたの方から気遣って話をしてみると良いでしょう。

今までは求人誌には、募集条件の中に「性別」まで、明確に記載されていました。

今までの求人情報に雇用主の希望する「性別」がしっかりと記載されていました。ところが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用する際、男女の差別がしてはいけないルールができて、求人情報の詳細に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そうはいうものの、求人募集をしている会社は、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。なので、本当は男手が必要なのに、女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の企業に男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。例えば、「女性が活躍している職場です」と紹介されていたら、会社側が働き手は女性を必要としている、と考えると良いといえます。

転職時の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の就職活動の際…

転職の時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の時に身に付けているカラーが良いとされています。ということは、紺や黒といったような暗めの色になるわけです。それは再就職のケースであっても、ビジネススーツの色合いはこのような暗めのカラーが多数を占めていて、黒や紺以外の色の転職者は少数派です。あえて言うならば、グレーのスーツを着用している方が若干いるくらいで、ほとんどが紺系や黒系のスーツを着ている人が大多数なので、面接を行う人事側からしても黒や紺のスーツが違和感なく感じるので、見た目の印象という面ではおすすめしたいのです。

近年の雇用形態の慌ただしい変化に当たって、若者の世代…

現在の企業の労働環境の変化に際して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど関心度が高いといわれています。それはたぶん、転職とキャリアアップを考えているのでしょう。なので、働き手といった「流動化」が著しくなっているため、なおさら、この先、若い世代の転職への関心度が増加していくと思います。このような社会情勢の中、転職することはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、転職者には悪いイメージがあり、転職が思い通りにいかない人も多くあったようです。しかしながら、時代が変わり今現在の会社に固執する意味も必要性も段々と薄れてきています。

あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」におい・・

あなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」にて都市部から地方に移って転職したいと考えている人が、近年増えています。ここ最近は転職サイトを駆使すれば、国内のどの地域の求人もいつでもアクセスできます。ですが、地方での求人に関しては、大都会ような選択肢がないのが正直なところです。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもマメにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの情報も見ておくと間違いがありません。

転職すると、高確率でそれまでの仕事は多くの記憶は美化されます。

転職した際には、高い確率で前職でのたいていの記憶は美化されます。実際には今の職務に合意できないから、次の仕事を探してやっとのことで退職を決め、転職することになったのに、時間が過ぎるとともにどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と思うことは多いです。それというのは当たり前で、以前の職場では日々の仕事に慣れていて、今よりも苦労なくやるべき業務もしていたのも根底にあるはずです。けれども「転職しなけりゃよかった」と感じるほど、前の仕事のほうが報酬も職場環境も良い事もあります。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によっ・・

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策ともミックスされて、財界・企業間でも今までとは違う社会的な変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったせいか、一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人の労働者」の総数を今以上に高めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくはずです。

これから転職活動をするという時は、良いと思う求人(業・・

転職活動の際に、良いと思う求人(または職種)があったら、必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界のマイナス点は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を通じてすぐに本来の姿を理解できるでしょう。そういう面を知らずに入社してしまうと、後々に後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイからなかなか人が定着しない」というケースが少なくないため、興味をもった案件や業種については、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

転職先を決める際、もちろんやりがいを考慮することも大切だけど…

転職を行うなら、もちろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけどそれにとどまらず収入のアップも大切なポイントなので「年収サイト」に登録をしていろいろと研究をしています。一緒の会社で全く同一の職種、経歴なのに人によって無視できないほどの幅があることも少なくなく、正直に言うと面接で質問したことがあります。面接官も一緒のサイトをチェックしていたようで「その高収入で書いているのは、書いたのは誰であるのか予想がついてるんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

ある古物商の会社で書類審査を通過しました。すぐに先方から面接日時を告げられました。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査を通過し相手方から面接の日時を指定してもらいました。けれど、当日、時間通りに行ってみると、なぜなのか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、終始呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、何とか面接が終了しました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かず仕方なくまた連絡をしたところ、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、とりあえず採用されなくて良かったとホッとしています。

看護師という職業の人のほかの仕事に転職する原因は人それぞれではないでしょうか。

看護師という仕事の人の違う職に「転職しよう」と思う原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると転職するには「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで一人とは変わって出産と子育てそれから家族の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によってこれまでのようには仕事が難しい」「今の稼ぎに不満がある」など、さまざまな理由があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、実際に転職される前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めてじっくりと客観視してみることも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。

もっと良い企業がいいと転職をする活動をしている中の大半は、…

もっと良い企業につきたいと転職で活動しているときの場合は「1日でも早く、内定がほしい」と考えてしまうはずです。が、そういう気持ちで採用通知が得たいばかり、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また逆に安売りするようなことは、出来るだけ避けるべきです。そうではなくて、焦る気持ちを抑え、冷静に、そして客観的に、自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く選択してみましょう。

転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方は…

今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は今働いている会社でしっかり「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合の退職だったり、残業時間次第でただちに貰える可能性もあります。なお、「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の近々の給料がもとになって計算されるため、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

どうもPCは便利でネット上には、いわゆる「転職に役に立つサイト」に類するもの・・

いわゆるスマホを使えばネットで見られる世界では要するに「転職サイト」と呼ばれるものが数多くあったりします。サイトから自分自身にピッタリの転職先というのを探すためにも、まずは情報を集めることから始めましょう。転職サイトを上手く利用することでスムーズな転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、信用に値するサイトかどうかを他と比べつつ、確かめてみてください。

昔から「石の上にも三年」という諺がありますが、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在で…

「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ですが、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に再就職したいなら、大切なのは適した時期を見計らうことです。最初に、現在の職場・仕事について具体的に、不満点を約10項目メモしてみてください。其れによって将来の転職活動に役立ちます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、先るだけ迅速に、よりも良い仕事ができるよう、頑張ってみましょう。

再就職を予定しているのなら、まめに多様な会社の採用・・

転身を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずにいろいろな企業の採用情報を日頃からチェックしておくと転身時の選択に大いに役立ちます。今の職場に不満足だと感じているケースでは、いざ転職活動を開始した時、どこの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状況になってしまうと、どこを選択すべきか迷いが出てしまい判断を間違えてしまいかねません。雑な行動を取ると、最終的にはごく短期間で不満が募ってしまうこともあるので会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社を公開していますし、そうでない企業は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、よく見ておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

転職期間中には、自分の好きなことに打ち込んだり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると…

転職期間のあいだは、趣味に打ち込むことに加え、体力の向上を意識しておくと良いと思います。勤め口が見つかり、復帰した際に、趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中する力がアップします。加えて、体力づくりも同時にできているため、その場の社員たちと比べると疲れない身体になっている、と認識することができます。なので、退職して次の仕事を始めるまでは自分の好きなことに力を入れることと、体力を落とさないようにすることをしておいて損はありません。そして、同じ会社内で共通の趣味の人と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができるので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

仕事を変えようとしようとしている時にマークする募集事項の情報というの…

転職を考えている際に目を光らせる募集内容については通常のものとして載せている、ということもあり得ますので、掲載されている情報はすべて正しいものだと迂闊に信頼しないほうがいいと思います。そのなかでも給与においては全社員を平均した値なのか?最低金額であるのか?最高値なのか?というようなジャッジができる人は少なく、自分で適当に理解したつもりでいると、後悔する可能性も少なくはないのです。ですので、後悔しないようにするためにも、求人情報については、おおまかなものだと思って、そういった内容は会社の方に直に確認を取ってみた方が良いです。

転職における面接などに関して担当者に名刺を差し出された場・・

転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された時、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、大方は渡す必要のないもの、と考えておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長ではなく、就職活動内のことになるので、普通一般的には名刺を交換する時ではないのです。それに加えて、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を渡さても、こちら側は名刺をもらうだけで大丈夫で、相手側にあげる必要性はまったくないと言えるのです。

-コラム