コラム

今現在の勤め先や仕事に対する大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

今現在の仕事や業務に関して、不服に感じていることの中…

現在のあなたの仕事や業務に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキルや、仕事上での能力をきちんと評価されていない」それゆえに「報酬は増えず、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、そんな人の中には、自分自身の本来の技量を実際よりも過大評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と就職するまでの期間が長くなるおそれがあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職活動で成果を上げるためには、自分のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

派遣会社で働いています。ウェブサイトを見ていてなにげ…

このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトを見ていてふとよさそうな仕事を発見し応募しようとすると「そのお仕事はもう他の方でお話が進んでいます」とお断りされ一瞬ウェブサイト上からお仕事情報が消えるのですが、翌日になれば元通りに掲載されています。これって結局私ではダメだっていうことですよね。それであればカドが立たないくらいにはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。そうでなければ客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接の際、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはよほどのことがない限りありません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれることを招きかねません。

生まれてはじめて転職をするのであれば、重要なのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかにつ…

生まれてはじめて転職をするのであれば、忘れてはならないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかについてはっきりしておくことだと断言できます。その理由が問題なのですから、そしてその問題を解決してくれる企業を選んでいきましょう。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは違い、現在の仕事を続けながら就職活動そ行わなくてはならないため、時間と体力が必要だといえます。それゆえ明確な理由がないままに転職しようとした場合、途中で息切れしてしまう危険があります。どんなことがあっても転職したい、現状を変えたいという強い気持ちがない場合は、転職活動をスタートするのはしないほうが良いでしょう。

転職したい会社の見学は、非常に参考になります。

転職候補に挙がっている会社で見学しておけば、たいへん参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるため、ワクワクします。が、「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、本来の仕事現場を見せてくれることはまずありません。例えると、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。個人のクセが強い業種であるため、仕事を始めてみるまでは、本来の姿は伺えないものです。なので、見学内容がそのまま仕事、と決めつけないことがとても重要なのです。さらに、見学時に仕事を体験させる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはオススメできません。正規雇用が結ばれていない場合、万が一問題が発生したとしても、保証が一切ないため、万が一、勧められても角が立たないように断っておくようにしましょう。

転職活動を行う際に、今勤務している会社を辞めた後でという人もいますが…

転職をしようとするときに、今の会社を辞めてからとする人たちもいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスの支給日について気にしておきましょう。ボーナスのある会社は山ほど存在しますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出る時期が近いときには、ボーナスを手に入れてから辞めるという方法も賢いやり方です。ボーナスは少々額が大きいので、もらった方が良いと明らかなわけですから、会社を辞める決意をしたならいつボーナスが入るのかを確実に把握しておくとボーナスをもらい損ねないと思います。

全く経験したことのない分野とかに転身を行う際は、前の業・・

全く経験したことがない分野などに転身する際には、自分が前の業界で身に付けた能力や今までやってきたことを生かすことができるといった内容の自己主張が必要です。初めての分野の場合、経験のない分その業界で働いたことがある人よりも事実、損にはなりますが、自らが保持している能力がその業種でも生かせるということをしっかりと相手に伝えることができれば、戦うことができるケースも多々出てきます。ですので、未経験である業界に飛び込む場合は、その業界と前の職場でやっていた仕事とのかかわりを可能な限り考えましょう。

安定した暮らしを願い「正社員」として働くことを念頭に置いている人…

安定的な生活を手に入れるために正社員になりたい人は相当います。ただ、即戦力として働けるように頑張っていても、正社員としての転職活動がうまくいかないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人以外を見ないで時間を無駄にしてしまっているようです。万が一あなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、正社員を募集していない企業であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。面接を受けた時に、「正社員登用」の機会があるかどうかを訊いておくようにすれば人生設計が立ちやすいはずです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。ですが、仕事をしながら求人情報の応募に走ったり、面接に臨む、というのは負担がかかるといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると意識を持つことが大切です。

転職によって勤め先を新しく替えるということは、自身に…

再就職して勤め先を一新するということは、自分自身に合う居心地の良い場所を選んだほうが良いです。職場や勤務先を変えることで、うってつけの仕事にありつくことができるかもしれません。とはいえ、実際に行動する場合は、雇用側が必要とするスキルが必要不可欠です。表現を変えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に出会えることも可能、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が社会的に認識されているので、勤め先を変えても困難も生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある現代は「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業もだんだん増加しているので、このチャンスを活かしましょう。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、100%の確率で質問されます。この時に、いくら正論だと思っても、以前の職場の働く環境や人づきあいに関しての不満ともとれる回答などは、なるべく話すのはやめておきましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、採用されるチャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり重要です。とりあえず「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような売り込みの形が必要とされます。

初めて働いた会社で嫌で反りが合わない上司に悩み、その・・

就業していた会社ですぐにきれる上司に困惑してしまい、最後には我慢の限界を超えてその会社を辞め、ある他の同業の企業に転職しました。居心地よく働くことができきわめて満足のいく日々でしたが、ゆっくりと会社の売上が落ち込み、経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合した先の会社がなんと以前働いていた会社で、非常に嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当然ながら新たなる転職活動を開始する予定です。

転職期間中は、無意識のうちに緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。

転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。けれども、そうした状況は避けるほうが賢明です。それは、だらだらと過ごす生活が普通になると肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気づけば、仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。そうすると、悪いサイクルにはまり転職をしたい会社が見つからなくなります。次の仕事が決められなくなるのは、もらえるお金を一番に考えてしまうからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をするためにも、だらけきった生活は、転職活動中には必要ないのです。

働くのに派遣会社に登録する人が近時増える傾向にあります。

派遣という形で働く人が規制緩和の後、多くなってきています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをなるべく面接のときに聞いておくべきです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価として手数料をもらうシステムなのですが、派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、ときには、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースもあり得ます。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、別の派遣会社のもとで登録されることをオススメします。

看護婦と呼ばれていた看護師は働く者としてやっぱり女性比率が大…

以前は看護婦と呼ばれていた看護師は仕事としてやはり女性の割合が大きい職種です。そして、気力それに体力へのかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。したがって職場環境での対人関係で行き詰まったり、自身の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業といえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に悩まされています。というワケで、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であり、それが転職増加の状況となっています。

転職のための採用面接での、よく思い違いがあるので…

転職のための会社での面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりすることは、それがそのまま悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「ボーナス」といったような、多くの人がかなり質問しにくい内容を思い切って率直に聞いておくと最終的に絶対に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった質問をすると面接で不利になるのではないか」と不安が募るかもしれません。けれども、かえって良い結果になることは最終的には可能性が高いのです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。ついつい面接応募者の多くは、なかなか聞けないものです。それを勇気を出し一歩踏み込めば「言うことはちゃんと言える人だな」ということで自己アピールになるのです。

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強化された…

今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業は公開されたりと、罰則も強化されていますが、完璧とは言い難いです。そのため、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、不安に思う項目についてあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」の場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとします。中でも「休日」「給与」「残業」では、質問を続けていく中で、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので会社の本当の姿に気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社を止めるのが無難でしょう。

再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう…

もし転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知るとその状況が一変するかもしれません。あなたの置かれている環境によっては、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。酷い場合には、超過勤務をさせられることもあるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。そういったトラブルを避けるために、いまの職場では、真面目に仕事をしておきましょう。そうすれば、良い空気を最後まで保ちつつ、仕事を辞められます。それに、何の問題もなく円満退職できれば、転職後に、相談にのってもらえるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業種に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりがとても大事なので、転職前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

知人からの話です。就職活動を始めて新卒でどうしても入社したかっ…

こういう転職という話は知り合いの話です。始めに学生時の就職活動でどうしても入りたかった最終目標であるA社の入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、その先仕方なく別の会社に就職しました。3年経った頃に派遣の求人サイトを見ていた時偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、じっとしていられなくなってその時の会社をすぐ辞め、A社で派遣の仕事を開始しました。やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってそれから先問題なくA社で正社員として働くことができ、今ではやりがいを持っていきいきと仕事をしています。

ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、すぐ・・

3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、早期に辞めてしまうことを決断する人がなんとなく多いものです。何故かと思うと私の思うところをいうと良い会社を手に入れたはずなのに「自分の期待していた仕事とけっこうギャップがあって幻滅した」「独自のルールにどうしても慣れなかった」と考えて退職してしまうのだとか。可能ならこういった転職における失敗を避けるためには第一に、事前の情報集めを徹底する、に尽きます。職場環境、給与体系、などいろいろ前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

-コラム