コラム

失業保険の給付については、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

実際に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

失業保険の給付においては、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。だとしても、実際は「会社に行く必要もなくなったし、しばらくは働かずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実でしょう。なので、ちゃんと次の仕事を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一度ハローワークに行くのは当然必要ですが、求人票を見ることは最低限行わなければいけません。真剣に探すモチベーションがわかないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が残念なことに見つかりませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

私はかつてかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

自分が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーの質も本当に多種多様でそのほとんどが満足できない感じる人ばかりでした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと気持ちを込めて臨んでほしいという欲がいっぱいになってしまいました。それが発端となりキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するのはコストもかかりました。それに加えて資格取得のための勉強もかなりヘビーだったわけですが、仕事を探している方から頼みとされるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

仮にあなたが、転業の決意したのなら、徹底的に周りの人には…

もしも、転職の意思を固めたなら、徹底して周囲の人にはその気持ちを悟られないように、うまく活動を進めていき、現職にいるあいだは、周囲に気づかれないように普段どおりに仕事をする方がたいへんいいです。転職先が決まっていない間、そのスタンスでいけば、良い転職先を容易に見つからなくても、転職を見合わせながら、現在の職をそのまま続けることもトラブルがありません。でも迂闊にも「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、周りの人は、それに合わせて動きます。おまけに会社内で「辞めるつもりです」と口にしたら、社内では「あの人は退職する人」と受け止められます。そうなると、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事を続けている限りは、肩身の狭い思いををするでしょう。

私は20代の時点で転職を2回し、いまは資格を取る目…

20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格を取得したいので派遣社員で働いています。フルタイム勤務でないため、手取りは安いのですが、しかしその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時に資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。実際、そのような人を見ると羨ましく見えたりもします。以前までの私は自分と他人を比べてしまい、落ち込む日もありました。現在は結婚して私の生活環境も大きく変化し、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので楽しい毎日を過ごしています。

転職することをスムーズなものにするには、あらかじ…

転職することをスムーズなものにするには、事前に行動をするようにしなくてはいけません。それには近頃は名前も知らないような小規模な会社といえども公式ホームページで宣伝している企業がよくあるから、インターネットの機能を使って自分が知りたい情報を調べておくとそれとその会社についてなんだろうと思う点をチェックしておくと転職時に助かります。公式サイト以外にも「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職候補にしている職場を自分自身で見て判断してみましょう。

求人広告には、大部分の企業では月にもらえるお金が記載されているはずです。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん普通の会社では月の収入の記載に目が行きますよね。でもこの部分を調べれる際は、深く確認する事が大事です。その値だけでわかってしまわないほうが良いです。実は場合によっては、月収の金額の内訳に「毎月30時間分の残業」を含んでいるかもしれません。残業代の金額を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあります。だから、こうしてよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社はスルーしておくのが無難といえます。

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者も増加しています。「特許」を申請した人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を提出した経験がある人や、TVで紹介されている人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測されることを言われたなら、心当たりを考えてみてください。稀にヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる会社もありますが、そのような業者は100%イカサマですから引っかからないように注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が支払うものではありません。

転職に先立ち現在勤務している会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけません・・

転職を行う際、今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、仮に自分の希望により退職届を書いて退職する、いわゆる依願退職の場合は、直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則を知らない人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してそれが原因でハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。例外として、自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

派遣で勤務しています。労働契約法の関連で残念ながら長期間務めていた…

派遣として就業しています。派遣法とかの関係で残念ですが長く勤務してきた派遣先での就業を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣先の会社から正社員の地位を獲得した方もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけた話仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらい方が上手で引き立てがあった様子。仕事を行う能力よりもおじさんに媚びる能力の方が肝心なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の同僚と派遣先の会社で愚痴を言う毎日です。

『今すぐ転職したい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が固いならば退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引き結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職したいことを最初に直属に上司に話した時は年度末、結果的には数ヶ月働くことになり、退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズに退職できませんでした。企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常に困ってしまいました。

あなたが現在、「転職サイト」を利用して自身のライフスタイルに合った…

もしもあなたが、「転職サイト」を使って自らのやりたい分野のある将来性のある仕事情報を調べているのなら、必ず、「転職エージェント」も活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスに登録後紹介してくれる仕事というのは、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較にならないほどたいへん質が高いといえます。さらには、あなたの希望にに合ったものを調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、良質な案件を求めていた職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、独自の力で行き当たりばったりに調べる手間を考えれば、とても効率的です。そのうえ試してみる価値はあります。

転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に覚えていてほし・・

転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えていてほしい点が何点かあります。まず派遣社員に対して、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような仕事をぼんやりと考えてしまった人がおそらく多いかと思います。はじめは私自身も現在の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「電話対応が主な業務」と入社前に説明を受けました。しかし業務に掛かると、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。今は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

楽しく転職活動をすることができれば、精神的な負担が減るので・・

期待をもって再就職をすることができたら、精神的にも転職期間中の堕落も避けられます。また精神的な箇所が損なわれていない分、割と早く転職が出来るでしょう。一番良いのは、やはり、休職によるブランクをつくらず新たな勤め先を見付けることが重要です。現在の仕事を辞めずに次の仕事を見つけるのが理想です。また、隙間をつくらなければ退職後もすぐに働けます。そのようにしておけば、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

転職する時にネットでのエージェントを使うケースもあるでしょう・・

仕事を探すのに、インターネットでのエージェントに頼るケースもありますが、もしあなたがそういった場所で登録し職を得ることができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと失業保険をもらうことはできないので注意すべきです。これと異なり、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職したのなら、就職の準備金として一時金を得ることができます。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは管轄外です。このような点を知らないでいると、失業中にお金が入ってこなくなるので、そうならないように注意しましょう。

長期間接客業で仕事をしてきましたが、年をとったせい…

長きにわたって接客関係で仕事をしてきましたが、年のせいか立ち続けるお仕事は体力的に難しくなり、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを頭に入れて行動にうつりました。事務の経験がないとなるとけっこう厳しくて、それなら接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと資格も取り個人の病院に転職することができました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係においても複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、今はキャリアの形成時だと諦めて頑張ります。

転職活動をする上での最後に残る壁として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動をする上での最後の壁として、「現職の退職」があげられます。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、現在勤務中の企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくある話です。そうなってしまった場合、絶対に退職する、という強固な信念を維持することが大切といえます。もしも引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社を目指すのも転職活動において大切なポイントになってきます。

再就職した会社で今までに培ってきたキャリア・スキルを生かせたら・・

新たな仕事であなたの過去の資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として仕事を任してもらえ、すぐに職場で存在感を得られるでしょう。雇い主側もスキルを持つ人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、そこまで難しいものではありません。しかも、かつての働いていた職場と同じような職種なら転職すること自体すんなり行くはずです。そういっても、即戦力になれるとはいっても大手企業の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なく中々の競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

新卒で入社した会社を去り、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、悩んだ結果、転職しました。実際にやめる前後は、とても不安で悩みました。ですが、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用として働いている人が大半であると転職活動をしていく中で知り、自然と気が楽になりました。1度、転職したことでなにか前向きに物事を考えるようになって、自分に合った仕事見つけることが出来て嬉しくなっていきました。やはり「一通り経験してから」といった考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

やっている転職する活動をしているときに、「私は今までに…

今やっている転職する活動中に、「自分は今までずっとこのような種類の仕事に従事してきました」「今までにこういったスキルを手に入れました」とそれまでの経歴をアピールする人はよく目にします。しかし、志願しその場所で「こうありたい」「私があげたような業務内容なら積極的に貢献できるはず」と将来的なビジョンで自身をアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

もしあなたが転職をするなら転職する前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

もしもあなたが転職をするならあらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがお勧めです。転職時に有利に働くので新しい仕事を探すのも容易になります。そういうわけで、資格取得は、在職期間中が一番最適といえます。もしもあなたが将来のために、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、仕事を辞めた後も悔やむことなく前に進めるはずです。それに、資格を取ることができれば、転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までより待遇が良くなる可能性が高くなります。

-コラム