コラム

仕事のせいで回復が難しいほど心的に自分が苦しくなっ・・

仕事によって心的に苦痛を感じてしまい、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのな・・

会社が原因で回復が難しいほど心的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、会社と相談ではなく身内などの近しい存在の人に相談したうえで、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜなら、働くということはあなたのためでもありますが、家族の問題でもあります。毎月、納得のいく高い給料を得たとしても、心的ダメージを負うほど、我慢して働きつづけるのは、健全とは思えません。現在の社会では、働きやすさが優先で前提にする生き方が尊重される時代です。ですからあまり気にせず、あなたの家族とあなた自身の心と体も大切にしましょう。

自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動したいと思っているなら・・

今の自分のスキルや資格を武器に転職を検討しているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と難しいものを前もって理解しておきましょう。転職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人材が不足している医療・介護業界がその最たる例です。医療・介護の職種では看護師および介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。今、医療や介護の現場で勤務している人が、諸事情によって、他の業界に再就職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、流動性は少なくなります。ですので、容易に考えない事が必要です。再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

退職と転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。

転社を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるのでメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動でも、精神面を強くすることが可能です。それは、ズバリ外国に行くことです。海外に行くと、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、逐一、勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国してみると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、これまでとは比べようがないほどに自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職後しばらくの間はメンタルが弱くなりがちなので、元気になるまで休みましょう。

転職活動を行っていて面接時に必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。

転職活動をしていて面接のときに高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給与が納得できないことや、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、この企業に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。

現在は、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに…

今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、起業で頑張っている人も増えています。そういった世の中の変化に伴い、「自営業は安定しない」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない自営業や株式よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように広く世の中に浸透していました。そういった時代は終わり、現代は「成熟期」という名が表現されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣として働く会社が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業の担当の方と就業場所に近いコンビニエンスストアで落ち合う約束をしていたのですが、担当者がコンビニの前にいないので店の中にいるのかもしれないと思いお店の中に入ってみると、こともあろうに雑誌コーナーの前に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて見ているのを発見しました。こんな担当の人の仕事なんてまっぴらごめんだと感じ、声もかけずに気付かれないように店を出て直ちに派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

転職をしようとする場合、準備する必要のある履歴書に関してです・・

転職をする場合準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などに関してですが、たいてい、自筆ではなく、パソコンを使って作成するのが主流です。現在の日本社会では履歴書はパソコンではなく自筆で作成するのが普通だと捉えられていることもよくありますが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職については絶対にパソコンで書いたものは駄目とまで言い切ることはできません。自筆の方を高く評価する場合もあるようですが、違う場合がずっと多くなってきていますから、手書きでなくてもよろしい場合は意外にも大量にあるのです。

転職をする際で高い確率で問いかけられるのが以前勤務していたところを辞め…

再就職で面接で必ず聞きだされることが職場を辞めたのかという話です。この質問になった場合には退職した会社を話の中心にしないほうが好ましいです。会社を辞めるに至った経緯が中心となり話が進むと言うまでもなく面接において不利なことを取り込んだ話の内容になってしまうので。どのように話せばいいかと言えば、なぜ前の会社を退職したかという点をこの会社にどうしても入りたいと思っていたからという話に進めていくということで、自己アピールもかねて入りたい会社の方に焦点を向けていくと良いでしょう。こういった話ならば、マイナスではなくプラス面を印象づける辞職の事情にすることが可能です。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。大多数の企業は履歴書と職務経歴書に記載されていることを判断材料にして面接するかどうかを決めるため、ともかくこの書類が重要アイテムです。単に必要事項を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも必要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための一つの手です。

転職活動を始めるにあたっては、始める前に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりし・・

転職をする際は、前もって、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして働きたい会社の情報をチェックするはずです。ところが、当該会社が情報を載せる際には、コンサルタントが主導している可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の会社情報や社員のインタビューについては、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな言いがかりをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。

失業した際に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが…

失業者が受け取れる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、永久にもらえるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて変動し、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んで「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急いで転職活動をしてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。相手によっては、面接時に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、9割がた受かりません。

転職活動する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。

転職活動には、相応の準備が必要となります。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える「ファッション」は気になっても仕方がないと思います。でも、最近の面接については、私服がOKな会社があるので、しっかりスーツを着て臨まなくても良い場合があります。会社の創立したての会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に印象をあたえます。加えて、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接中に、ファッションについて、話が広がることもありますから、うまくいけば面接担当者へのアピールにもなります。というワケで、これから転職活動をするつもりなら、企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。

大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件を持って・・

大きな転職エージェントは、多種多様な案件を取り扱っているという長所があるといえますが、しかし、同時に転職を希望する競合者も多くいます。そのせいか気になる企業を探し出したとしても、転職エージェント側が難しいと判断すると応募してくれない場合もありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいれば、その人を優先しやすいのです。つまり大規模な転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱いなかなか難しいので、方針を変更して比較的規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか相談すると転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

就職するため仕事探しをするときに注意したほうがよい求人の募集内容は、…

就職活動する場合に注意して欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムになります。(ちなみに、これは合法です)もし『みなし残業代25時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という意味になります。ただし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉が場合もありますので注意をしておきましょう。

たいてい一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。

一般的に大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。おまけに、市外地でとなると転職の可能性が少なくなります。例外的に、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地のあたりに工場を構えていることがはずです。また、そのような地方の工場なら、事業拡大などの節目に途中採用することも珍しいことではありません。そういったチャンスを見逃さないようにするのです。地方の工場での転職を希望される場合は、希望する会社についての情報をあらかじめチェックしておきましょう。その企業のホームページをチェックし、人員募集の予定がないか暇があれば確認されることをお勧めします。

シフトのある仕事についての話なのですが、決まった・・

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法を事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員の仕事についたのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任の方が「土日」に必ず出られたので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに「日曜日に休みたいのです」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えば異常な職場だったんだと思います。

自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意です。

自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思っている方は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、それが高じて飲食店で勤務していた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、そのお店で私が任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざにとても悩まされました。ということが引き金となり、仕事をやめることになったのですが、同時に、食べることやその飲食店でメニューとして提供していた食べ物すら嫌いになってしまい、よく似た飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや大好きなことを仕事にしたいと願うのは悪いことではありません。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。

転職する際、かなり要となるのが「面接」である。

再就職では、比較的重要となるのがまぎれもなく「面接」である。ふつうの面接の際は面接官が応募者に対し、転職に至った動機など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで面接係員が転職者である面接者にたいして疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当の方から「何か我が社についての疑問に感じることはありませんか?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまう可能性もあります。こういった場面に備えて、面接の前に疑問点などの答えを用意しておいた方が良いかもしれません。実際に働く前の段階で、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

はじめて「失業保険」をもらう際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

初めて「失業保険」を受けるとき、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が大半ですが、それは誤解です。本当は、きちんともらうためには、求職活動を行わなければならず、さらには、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真剣に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。なお、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、問答無用で給付をストップされたり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意しておきましょう。

転職をするための活動を成功させるには、ゼッタイに自身の…

転職をする活動中はとにかく、なにはともあれ何よりも自分の心が静かであるということを忘れないようにしましょう。会社で働きながら転職活動を行う場合はそれほどには気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う場合だったら、やはり焦りが出てしまいます。そういった点を理解し、冷静になりつつ、活動することを忘れないようにしましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そして、候補の職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に見極めてみてください。しっかり考えることで満足いく転職が実現します。

-コラム