コラム

就労中には、極力周囲が気づかないように、(私の例です・・

就労であるのなら、可能なかぎり周りの人間に悟られないよ…

就労中には、状況が許す限り、周囲が気づかないように、(自身の経験談ですが)在職期間中に「転職するかも」という意思表示だけを活動初期に社内の人間に知らせたことがあります。にもかかわらず、その顎、転職情報を散々あれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に就職先も仕事を変えるタイミングさえも無計画なまま決まらずズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の側は、退職に関わる手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を探すハメになりました。

近い将来、社会では考えなくてもできる労働は機械化に置き換わって…

今後どんどん短絡的な仕事は機械化が進歩していきそれによってマンパワーはどう考えても減っていきます。なぜなら、考えなくてもできる労働は人より機械で作業するほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ作業を延々と反復したりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って愚痴は言わないし、疲れもしない、横着をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一にこなせます。そして、人と違って「人件費」も発生しないのです。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械に移行していくのも自然の結果といえます。

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど多数の求人情報がが掲載されているた…

転職サイトは有名なサイトの方が豊富な数の会社が掲載されているため、関心のある2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、あとは条件に適合する求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。だとしても、最初に限っては登録するのに少しばかり時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録する初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、後の応募を考えれば、最初にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。

転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというよりある意味、「担当面接官」との…

転職活動は、企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」とのやり取りが大事です。しっかり採用してもらうために、先ずは面接の時間になる前に冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる望むと良いでしょう。また面接ではまずはじめにあなたの雰囲気や人間性を見られるのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しやめましょう。また常識的な社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

転職というものについて考えた場合、転職後の自分の給料について気にする人…

転職というものをする場合、その職場の自身の給料を過剰に気にする人がわりと多いです。誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料としてもらうために仕事に打ち込んでいるのはずです。とうぜん年収というのは自分の評価という面もありますから大切と感じるのは当然なのですが、しかしながら、年収というものばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも考え気がするでしょう。それより収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。

この前新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録をしに行きました。

人材会社へ登録に向かいました。そこでカウンセリングの際に出てきた担当の方が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明していることの半分も理解していないように思えました。にもかかわらず「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが大事です」等、わかったふうに横柄にのたまうからとっても不快でした。カウンセラーはそこそこカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと感じます。

再就職を目指そうとしても、すべての人が満足いく成果をあげられ・・

仮に再就職を目指そうとしても、万事首尾よく運ぶと断言はできません。もしも転職するのなら、そのうちに転職をしなくてはならないなら若いうちに考えておくべきでしょう。平均的に見た場合、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代に突入してしまうと転職の場合は、相当に難しいといえます。此の様な場合は転職の気持ちが強くなっていても現在の会社に留まることも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社に残りつつ、堅実な未来を模索しておいた方が失敗することもありません。

再就職の面接において企業側からクールビズでも大丈夫ですよ…

転職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでもOKとと書いてある場合もあるようですが、なかには、クールビズで赴くのは減点対象になるのでは?と懸念する人もいます。そういうことで悩みを抱え込んでしまっている人たちに進言したいのは、会社側からクールビズでも良いとされているのなら、伝えられた内容を実行したほうが良いです。迷ってしまい、夏の真っ盛りの時期にスーツを着用すると相手に暑苦しく感じられます。ですから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

クールビズの格好で再就職の面接会場に行こうとするときに・・

クールビズの服装で再就職の面接を受けに行く際には、さすがにジャケットまでは着用しなくても良いとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうが間違いないです。ネクタイにおいてもなくても大丈夫だとしている会社も存在するとは思いますが、ことネクタイだけはクールビズが推奨されていても着用するべきだと考えている会社がいくつかはあります。それゆえに、クールビズ(軽装)の恰好ではネクタイを絶対に着用してから面接に行った方がベストだということは伝えておきます。

そのうちでも転職しようと考えるのなら、直近の仕事や…

そのうち転職を考えているのなら、今現在の仕事での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々気に入らない点があるから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと存在する会社の客観的に考えた満足できない点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐ事が可能なはずです。

求人サイトをチェックする折、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ…

求人に係る情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業をチェックしていなかったりしますが、そうした人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と誤解しているのです。現に、製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務といった従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に属するお仕事も多数あるのです。しかし、製造業の職場自体、ビジネス街のような環境とは違うので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうした事には自分の執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

友人・知人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

知人からの紹介を通じて転職する先を探す人もいるでしょう。しかし、転職した先の労働環境、それから労働条件といった点に関して友人の口コミを鵜呑みに判断するのは後々キケンです。なぜなら、個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに友人・知人にとっては、とてもよい職場だったとしても、自分の主観で見た場合、イマイチな環境だってあるのです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、しっかり自分の目で確かめておくことも大切です。

以前の私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で探していました。

今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。というのは、大手「転職サイト」は、特性上、都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。なので、求人を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。求人募集をしているどうしても給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするというイメージがある方もいるかと思いますが、思いのほか、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、転職希望の方は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。転職サイトのように大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。

転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトおよび転職エージェントを通じて、転職活動する人は年々増えています。そうとはいえ、転職先を確実に見つけたいのであれば、加えて転職フェアに行くことがおすすめです。多くの企業が一度に集まるので、参加されれば企業の情報に直接触れることができますし、それだけでなく、そこで説明してくれるスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加する場合は、面接を受けにいくつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。幸運にもフェアを通じて、自分の魅力が企業に伝われば、後で実際の面接時にかなり有利になると予想できます。

転職時の面接に転職したい会社へ行きました。

転職における面接に転職したい会社へ行きました。たまたま会社の部屋が空きがないというわけで外のある場所で面接をする方と待ち合わせをして採用面接をして、その場所で解散、面接をした方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅最寄駅が私と一緒。なので電車内でも面接を行った人とずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなって、緊張が解けて面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったのか運良く採用を掴み取ることができました。

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業であ・・

再就職をする時に受ける面接では、零細企業だったら大体が人事担当者になりますが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるなら、今後一緒に仕事をする一番偉い人、わかりやすく言うと課長や部長などの管理職が担当することになるでしょう。とくに事務系・営業系といったカテゴリでは、資格のみでは人の評価が難しいですから、やはり自分をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当者から「この人はしっかり自己アピールできるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計について申し上げますが・・

転職の面接のときにする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ派手すぎる腕時計はやめた方が最善といえます。目立つというのは明らかに高そうに見える腕時計とか、というだけではありません。その反対で安物の腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような目立つということで両極端な意味で目立つのだと捉えておいてください。再就職の面接のときに着用する腕時計に関してもスーツやネクタイのとらえかたと同様に、面接するにふさわしい適切なものをするほうが良いと言えます。ただ、自身の年齢に適している腕時計ということも大切なことで、新卒の時に面接で準備した腕時計よりはわずかでも値が張るものにした方が好ましいということは言えます。

転職サイトでは、登録後、何度も電話やメールをしてきます。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話やメールでの連絡が何回も来ます。このことに対して何も知らずに利用しはじめた人は大変びっくりすることがよくあります。転職エージェントは転職を推進することが仕事なため、本当に積極的な姿勢でいます。大手エージェントは、転職を成功させると企業から報酬が入る仕組みなため、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れたその日に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職に妥協しないように注意しなければいけません。

転職活動をする際、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思います…

転職をするにあたっては、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、違った角度から見ると、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。しかしながら、真実はクロで「真実が知られてしまっては困るから、急いで炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると判断して問題ないでしょう。そもそも、本当にいい会社であれば煙など立ちません。

派遣社員になっても契約期間を迎えたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないこと・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職で気付かされました。結婚して落ち着いたらすぐに子供がほしかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、給料は少なかったですが、時間的な融通が得られるのでガマンしました。しかし、いざ入社してみると一緒に働く方たちは大半のスタッフが10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣といえども、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

-コラム