コラム

転職しようと思うなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職の予定があるのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

転職した場所では、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。とりわけはじめの年はおおむね研修期間が含まれているというのがケースが多かったりもします。自らの場合、どうにかして新しい職を見つけることができたのに、以前の会社での年収とほとんど差がありませんでした。さらに、仕事はキツく、たいへん責任を伴い初年度を乗り切るのに本当に労力を伴いました。そういった実体験から、初年度は、勉強する期間と割り切ってしまい、極力転職以前に貯金しておくことに尽きると思います。

女性が転職する際、数年前と近年とでは少し変化があるといいます。

女性の再就職に関しては、数年前と現在とでは若干、違いがあるようです。かつては面接の際に会社側から、結婚観や出産後の考え方など、普通に女性たちに質問していました。でも、現在はそういった内容はセクハラに該当するとして聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問に神経質になっています。でも、面接する側としては、〇か×の2択でなく、その女性が「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を知っておきたいと思っているものです。自らの将来設計を理解してもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと並行して表現することで、企業側にもしっかり伝わると思うわけです。そういうわけで、たとえ、聞かれていない箇所もあなたの方から積極的に答えておくとよいでしょう。

昔の求人情報に募集条件の中に「性別」が、書かれているのがほとんどでした。

今までは求人情報では、募集要項の中に「性別」について、書かれているのが一般的でした。ですが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用する際、男女差別がしてはならない事が決まり、応募資格の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。けれど、求人側は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。現実に、実は男手を希望の会社に女性が応募したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。仮に、「女性が活躍する職場です」と記載のある求人募集の場合は、これは女性を望んでいると認識しておく無難です。

転職の面接で着るビジネススーツの色は、新卒の人たちが就職活動の際・・

仕事の面接で着るスーツのカラーについては、新卒の就職活動に着用しているカラーが一般的です。具体的に言うと、紺色や黒色などのような暗い色味になります。再就職の場面でも、着用するビジネススーツの色味は新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的に多くて、他の色を着用している方はほぼ見ることはありません。その他の色で言えば、まれにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、全体的には黒や紺色が大多数です。ですから、面接担当者もそのような色であるほうが自然に見えます。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

今の時代の雇用形態が大きく変化したことに際して、34歳ぐらいまでの若者の世…

現代の企業の雇用に対する考え方が激しく変わってきたことについて、働きざかりの世代の中で若い人たちほど関心度が高いといわれています。自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。こういった背景から労働者・サラリーマンなどの労働力の「流動化」が活溌になっているので、輪をかけて今後、転職への関心度が高まる気がします。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、一つの会社に縛られない生き方はますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者にはそれだけで悪いイメージがあり、損をしてしまうこともあったようです。ですが、社会の流れが変わり今現在やっている会社のみに執着する必要も薄れてきています。

仮にあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Iターン」のよう・・

仮にあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都会から地方に移住した上で再就職したい、と思っている人が、近年増えています。最近は求人情報サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人情報にも簡単に得られますが、しかしながら、地方での求人に関しては、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところといえます。ですので、求人サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもマメにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートの有無も注意してみておきましょう。

転職すると、高い確率で以前の会社の仕事での大方は美化された記憶となります。

職を変えると、だいたいの場合は前の仕事の多くは美化された記憶となります。実際のところ今の待遇に納得できない点があるから、それを解決するためにせっかく再就職したはずにもかかわらず、気付けばなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうがマシだった」と思い始めるのです。当然のことで、前職では日々の業務を把握していて、今よりも苦労なくやるべき仕事ができていたのも大きい理由ですが、その一方、「やっぱり退職などするべきでなかった」というほど、前の仕事のほうが仕事に対してのやりがいや自分に向いていた可能性もあります。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理が主導する現政権によっ・・

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策ともに日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までにない変化が増加傾向にあります。そのこともあって企業伸長とともに今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会では多いな問題として取り上げられています。なお、「外国人労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

あなたが転職活動中に、気になった求人(あるいは職・・

転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは職種)を見た際にきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス点はアドバイスしてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を活用することでいとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そういう現実を知らずに入社してしまうと、あとで落胆してしまう可能性もあります。だいたい求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、人がすぐに辞めてしまう」といった場合がかなり多いため、目に留まった案件・業種については、注意してください。

転職先を選ぶとき、仕事のやりがいのアップと一緒にそれに加えて…

転職するならば、もちろん仕事のやりがいアップと一緒にさらに給料アップも大切なポイントですから「年収サイト」というところに登録をして事前に調べています。同じ会社で加えて全く同一の職種、経歴であるにも関わらず人によってすごく幅があることも多くあり、ぶっちゃけ面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人物について誰であるのかある程度は見通しがついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。すぐ…

とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格したので、相手方から面接の日時を指定してもらいました。ですが、当日、指定場所に向かうと、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。ようやく、所長らしき人が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、たいへんに面倒くさそうな態度を見せてやっとのことで面接が終わりました。が、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、待っていられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かず仕方なく改めて問い合わせたところどういうことなのか、「今回はご縁がなかったということで」とその直後、電話を切られました。呆れ果てて何も言えませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと感じています。

看護師という職の人の違う仕事に「転職しよう」と思う原…

看護師でありながらほかの職業に転職の理由は人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと看護師を辞めての転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって子育てそれに親の介護など、いくつかの変化によってこれまでと同じような仕事が難しい」「現在の給料に不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、改めてリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」ともう一度考えたうえで決断してみてください。

今と違った職場がいいと転職をする活動をしているとき・・

今と違った企業がいいと転職活動中のとき、「ちょっとでもはやく内定が手に入れたい」と思っているものです。ただ、その気持ちが強くて良い知らせが欲しいばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、その逆に安売りしてしまう売り込みをするのは可能な限り避けましょう。焦ってしまう気持ちを抑え、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念しましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を見極めましょう。

今年中に転職活動を始める際に次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、…

今から転職活動をしていく人で、次までの仕事にある程度期間がある方は可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。これは勤めている会社側がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、会社都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに貰える可能性もあります。さらに「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の直近の給料を基準に失業手当の金額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

最近はスマートフォンを使えばネット上では、今では「転職に役に立つサイト」に類するも・・

近頃はPCやスマホで調べればネットの世界では、転職系のサイトが相当な数存在しているのをご存知でしょうか?自身にあった転職先というのを見付けるためには、最初は情報を収集することです。「転職サイト」をきっちり使いこなすことで、効率的な転職を叶えられます。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される有益な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみましょう。

古来より”石の上にも3年”という教えがあります。

日本には昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」が決して珍しいものでなくなっています。ですが、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職しようと考えるなら、適したを的確に捉える必要があります。初歩として、今現在の職場、仕事内容について、不満を感じる点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は紙にリストアップしてみましょう。この作業が、再就職に役立ちます。そして、おおまかな進路が見いだせたら、できるだけ素早く、より良い仕事ができるように自分なりに努力してみてください。

転職を視野に入れているなら多くの会社の採用情報の・・

転身を検討しているのなら、まめにさまざまな会社の採用情報の詳細を調べておくと転業先の判断がしやすくなります。あなたが今の職場に満足感がないケースでは、本格的に転職活動を始めた際にどの企業も魅力的です。そんな状況に陥ってしまうと、どこを選べばいいのか迷ってしまうので判断を大きく間違えるおそれがあります。そのため、一瞬で嫌になってしまうこともあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなく会社の取引している会社を見る事です。透明性を重んじる会社は取引先を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりなので覚えておきましょう。さらに、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。

転職先を探している間は、趣味に没頭したり、体力づくりを意識してお・・

転職期間中には、自分の好きなことに没頭したり、体力づくりを意識しておくと良いです。採用が決まり、仕事復帰した時に、趣味に没頭してたことによって知らない間に集中する力が高まります。そしてまた、体力を補っている事で、その場の社員と比較すると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。ということで、退職してからの生活は、興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにすることをするのが何より良い事なのです。転職後、その職場であなたと共通の趣味を持つ人と知り合えたのなら、会話も弾むので、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職をする時に目を光らせることになる募集内容の情報というのは、…

転職をする際に目を光らせる求人情報というのは、一般的なものとして載せている、という可能性があります。そのため、書いてある情報はすべて正確であるとは信じない方がいいと思います。中でもとりわけ給与に関しては一般的なのか?最低金額であるのか?一番高い給料なのか?というような判断ができない転職者も多く、自分判断で判断してしまうと、後から嫌な思いをするかもしれないのです。それゆえに、そうならないためにも、求人情報は、うのみにせずに、そういったようなとても重要なことは会社の方に直接連絡を取るのが妥当でしょう。

転職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出されたとした…

転職の時の面接などの際に名刺を渡された時、自分も相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と対応の仕方に悩んだら、ほとんどの場合は差し出さなくても良いと考えておきましょう。面接は仕事の延長ではなく、採用活動の一部です。ですから大方は名刺を交換する時間とは異なります。重ねて、あなたは会社の人間としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。という訳で、相手側から名刺を渡されたとしても、あなたのほうは、ただ受け取るだけでよくて、相手の方に渡す義務は少しもないと推測できます。

-コラム