コラム

今現在の自身の仕事や業務に関して、不服に感じていることの中に…

今現在の職場や業務に対する大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

現在の自分の職場や仕事の中身について何かしらの不満があるはずです。「自分の持っている資格やスキルを正しく評価してもらえない」または、「賃金は増えないし、昇格も出来ない」といった点が多くを占めるでしょう。そういった不満を持っている人の中には、自分の才能を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。可能性が少なからずあります。そういうわけで再就職をスムーズに行うためには、「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることが大切です。

派遣会社に登録して働いています。

派遣会社で働いています。サイトの中で条件のよい仕事を見つけ出して聞いてみると「そのお仕事はもうすでに他の方が採用されました」とお断りされて瞬間的にサイト内から仕事の情報がなくなるのですが、その翌日になれば再び載っています。それって結局私だとダメっていうことですよね。それであるならば変に隠さないくらいではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。そうでなければもしかして架空の仕事を載せているのでしょうか?

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

転職活動の中の話題に上がるのが年収です。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。なお、今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、注意しましょう

初めて転職をするにあたって、頭に入れておくべきな・・

人生で初めて転職を行うにあたって、頭に入れておかなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかについて明確にしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。そして問題解消が見込める会社を決定していきましょう。転職活動は、在学中の就職活動とは違い、働きながら就職活動を行っていくことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。したがって明確な理由がないまま転職活動を始めると、途中で挫折してしまうおそれがあります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動を開始するのはやめましょう。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとたいへん参考になります。

転職しようと考えている会社の見学ができれば、すごく参考になります。その中でも、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られるので楽しくもなります。そんな会社の見学では、見学者にはほぼ例外なく、いつもの現場を見せることはまずありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社後でなければ、実際の姿は伺えないものです。そのため、見学内容がそのまま仕事、と思わないことが賢明です。さらに、見学時に実際に仕事体験ができる会社は、かなり問題なので正直言って、「論外」です。入社していない人には何かしらのトラブルが起こっても、保障が一切無いので、スタッフから勧められても丁寧に断るとこが大切です。

転職を考え始めたときに、まず今勤務している会社を辞職した後…

新しい仕事を探すのに、会社を辞めた後でと思っている人もいるでしょうが、辞めてから転職活動をする際には会社がいつボーナスを出すかを見積もっておきましょう。ボーナスが出る会社はいくらでもありますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが入る日がすぐそこまで迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから辞職するというのも良い手です。ボーナスはってかなり額が大きいので、もらわなきゃ損ということもはっきりと言うことができますから、会社を辞める決意をしたならボーナスが支払われる時期について確実に把握しておくともったいない思いをしません。

経験のない業種などに転職するときには、自分が以前の職場で…

これまで経験したことがない業界などに転業するときには、自分が前の職で身に付けた能力や経験したことを発揮できるといった内容の訴えがいるようになります。働いたことのない業種の場合、その分だけそのジャンルで勤務したことがある方よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身が保持しているスキルがその業種でも生きるということを相手に話すことができれば、勝負になることも多々出てきます。ですので、経験が全くない分野に挑戦するときには、その分野と自分がこれまでやってきた仕事との関係を可能な限り見付けましょう。

安定した生活を送ろうと正規の雇用社員になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。

安定的な人生を手にするべく「正社員」として働くことを意識している人がかなりいらっしゃる、というのが現実です。ですが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、中々正社員としての転職活動が難しいこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人情報以外はそっちのけで応募しない人も少なくないでしょう。もしも、正規雇用での転職が厳しいのなら、非正規雇用者に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、働き手の活躍の度合いによって数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップを図れるようにしている所があるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の機会があるかどうかを訊いておくようにすれば今後の役に立ちます。

転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。でも、仕事を行いつつ求人を探して、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にもハードといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、書類選考を通過し、面接が決定した後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、そうではなく自分で直接、応募したとしても応募した会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識を持つことが大切です。

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分に…

転職して勤め先を一新するということは、自分に見合った自分にあった職場に再就職したいものです。勤め先を変えれば、うってつけの仕事に出会えるかもしれません。ただ、現実に行動する際は、即戦力となりうる能力が求められます。違う言い方をすると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」に出会える、というだけの話です。今の社会は、職業選択の自由が社会的に当たり前になっているので、仕事場を変えても何のトラブルも生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある今は、「優秀な人材が欲しい」と希望する企業も多くなっているので、今の良い時期を有効活用してみてください。

転職時には、面接をすることになりますよね。

転職時には、面接をすることになりますよね。人事から「転職理由は?」という風に、聞かれることはほぼ間違いありません。その際、どのような訳がであれ、以前の職場の人づきあいや労働環境についての不満に受け止められる受け答えは、絶対に避けましょう。此の様な内容の話は、採用される可能性を逃してしまうことになります。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのが重要で、とりあえず「新しい職場では自分の能力をより発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったような未来志向での返答が良い印象を持ってもらえるのです。

働いていた会社で嫌な上司に困ってしまい、ついに仕事をする気力がなくなってその会社を辞め…

就業していた会社で嫌で反りが合わない上司に悩み、ついにはとてもやってられないと思いその会社を辞め、同業者の別の企業に職を移しました。居心地よく働くことができ非常に満足していましたが、ちょっとずつ会社の売り上げが少なくなり結局はある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合した会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、それどころかとても嫌いだった上司が再度私の上司になることに。いったいこれはここまで縁があるとは。当然ながらもう一度転職活動を始めるつもりです。

転職期間中は、どうしても、時間が有り余っているため・・

再就職先を探している間は、ついつい時間が有り余っている分、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかしながら、そんな風な生活を常態化させるのはキケンです。それは、気の緩んだ、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。徐々に、働く意欲が湧かず、生活ができなくなり困る未来がやってきます。こうして、悪いサイクルにはまり転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。次の仕事を決めることができないのは、もらえるお金を第一に考えるようになるからです。お金を最優先事項に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、だらけきった生活は、意識して避けるようにしてください。

派遣会社に登録して仕事をしている人が徐々に多くなってきています。

派遣会社に登録して働いている人が規制緩和以来、増えています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを極力面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムなのですが、派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示に積極的でない業作も多く、酷い業者では、2割だけしか労働者に還元しないケースも少なくありません。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべく違う派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

以前は看護婦という名前だった看護師という仕事は、歴史的背景から…

以前は看護婦と呼んでいた看護師というのは仕事として歴史的にも男性以上に女性が活躍している職です。厳しいことに気力だけでなく体力ともにひどく消耗が激しい特徴もあります。したがって職場の環境での人間関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり取りづらい仕事です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いといいます。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足になっているのです。最近は特に、どの医療機関も看護師を欲する「売り手市場」となっていて、それが転職希望者が後を絶たない状況となっています。

転職の際に外せない面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが…

転職の際に欠かせない面接では、多数の人が考え違いをしているのですが露骨なまでの猫かぶりは、思いのほか良い結果にはならないことがあります。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接の際は「給与システム」などの、通常であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って尋ねておいた方が、結果的に自身のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで面接で落とされるのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。けれど、意外とマイナスの結果をもたらす場合が多いようです。このようなお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。けれども、面接応募者の多くは、モジモジして質問できません。けれど、あえて踏み込んでおいたほうが、「言うことはちゃんと言える人だな」と格好の自己アピールとなるのです。

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが強くなった・・

現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公表されたりと、損をするシステムができてきましたが、完全とは言い難いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要が出てきます。まずは求人票などで労働条件をチェックし、怪しい点について聞いてみることです。ブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になるでしょう。「給与」「残業」「休日」においては、質問してみると、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしま・・

転職前、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。さらに、残業時間を増やされることもあるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。そういったトラブルを避けるために、今現在の仕事場では、真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い関係を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を辞められるはずです。また、何の問題もなく円満退職できれば、転職後、困った際には相談できるはずです。業界や規模に関係なく、どこの企業も人とのつながりが大事なので、仕事を辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

こういう転職というのは知人から聞いた話です。

この話は友人の話です。新卒として死んでも入社したかった憧れていたA社で行われた最終面接で不採用になり、それから後やむを得ず他の会社に入りました。3年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧していて偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなって当時働いていた会社をすぐ辞め、派遣という形でA社での就業を開始しました。真面目に頑張ってそれから先無事にA社で正社員として働くことができ、現在ではやりがいを持ちつついきいきと勤務しています。

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、慣れもしないあい・・

このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、入ってすぐに退職してしまう人というのもとても多いものです。何故そうかと考えてみると私の思うところは心機一転、環境で勤務を始めてみたものの、「理想としていたものと大きくギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」といった感じで別の仕事を探すことが多いようです。このような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、初歩として、前もっての情報収集を徹底するほかありません。職場内の環境、業務におけるルール、給与体系、など前もって調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

-コラム