コラム

きちんと失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしているという証明が必要となります。

失業保険の給付について、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。

失業保険の給付については、求職活動をしているという証明が必要となります。とはいえ、実際は「会社に行かなくて良いし、とりあえずは働かずにゆっくりしたい」と思う人も少なくはないはずです。ですので、きちんと就職活動しているように見せることができるので教えておきます。月に一度ハローワークに行くのは不可避ですが、その場にて、求人票を見ることは最低限やってください。本気で探す意思がないときには、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が意に反して今月はゼロ件でした」と相手に伝え、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

私が仕事を探していた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。

私は以前いくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質に関しても本当にまちまちでその多くは不満を感じるアドバイザーばっかり。私とっては大切なことなのにもっと熱心にに臨んでほしいという感情が募って、それが理由で自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。その資格を取得できるまでにはコストもかかったし勉強の面もとても大変でしたが、仕事を探している方から頼みの綱とされるような存在になるべく努力しています。

もし、現職からの転業を決断したのであれば、あくまで周囲の人間に…

仮に、とらばーゆを決意したのなら、完全に周りにはひそかにそれを悟られないように、うまく転職活動を進めていき、現職期間中には、あくまでも周りの人に悟られないよういつもどおり業務をこなしていくのがとても妥当です。現職中、その点を自覚しておくと、いい働き先がすんなり見つけられなくても、転身を見合わせながら、現職にそれまで通りにし続けても簡単にできます。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲はそれに合わせた態度をとります。さらに「辞めるつもりです」と言ったが最後、社内では「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周りは「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、仕事を続けている限りは、肩身の狭いと感じるリスクが高いです。

20代前半に転職を2度経験して、そして今、資格取得の勉強をしながら…

20代前半に転職を2度行い、今現在は資格を取る目的で「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務でないため、どうしても給料が以前よりも少なくなりました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、資格を活かして働いている方に会うとうらやましいなと感じたりもします。前までの私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリする日もありました。現在では結婚を契機に過去と比べ生活そのものが大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

転職を成功させるためには、行動する前に行動しなくてはいけません。

後悔しない転職するとを目指すのなら、戦略を立てながら行動するようにしましょう。今は取るに足らない小さな会社でも公式ホームページで企業を紹介しているところが多いため、インターネットを使って色々と必要事項を調べておくとそれとその会社のわからない点等をチェックしておくと転職に役立ちます。さらに公式ホームページ以外にも、「転職サイト」の情報に目を通しておくと効率的ではありますが、ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。転職の候補している職場を自身の目で確かめてみるのも意味があります。

求人についての広告には、大部分の場合は大部分の株式会社では…

求人関連の情報では、大部分の場合はたいていの会社では月の給与等が記載されています。この月収の項目については、しっかり確認する事が欠かせないです。その数字だけ見てわかってしまわないようにしましょう。案件によっては、月収の金額の内訳で「毎月30時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代の金額を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集している所があるからです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性が考えられたりします。こうして「不誠実」極まりない案件は、興味を持たないほうが賢明です。

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に行う会社もたくさんあります。特許などを出すとコンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人のほかに、「研究開発」の論文を出した人、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしも、あなたがヘッドハンティングと推測されることを言われた場合は、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。極稀にヘッドハンティング名目として、登録料を払わせようとする会社がありますが、そのような業者は間違いなく嘘ですから無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する…

転職する際、現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もし自分の希望により退職届を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の際にはすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく間違って会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則について誤解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークの職員さんと口論していたのを以前見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険をもらえます。

派遣として働いています。労働契約法により残念ながら長く務めて・・

派遣として勤務しています。労働契約法のおかげで残念ですがずっと働いた派遣先の会社での勤務があと数週間で終了します。派遣仲間の中には、派遣の勤務先から直接雇用の契約を得た人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言うと仕事の能力というよりは派遣先上司の扱い方が得意な人でそれで採用された模様。仕事のスキルより上司正社員を転がす能力の方が大切なんじゃないのと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の職場で愚痴る日々です。

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、未来の進む道もハッキリしているのなら、…

『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職する旨を最初、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあってなぜか退職が受理されたのが同年の11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、さすがに上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての会社や上司に対してガッカリしました。

あなたが今、「転職サイト」を活用して自らの希望条件にマッチ…

もしあなたが転職サイトを活用して自身にぴったりの魅力的な企業情報を見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較対象にならないほどかなり質が高いといえます。そればかりか、あなたにふさわしいものをピックアップし、調査して紹介してくれます。だから、あなたの理想とする求めていた理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、自力の力で手当たり次第に調べていくのと比較するとかなり効率的です。ですから使ってみる価値はあります。

転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意していただき・・

転職で、派遣社員」で考えている人にチェックしていただきたい点が複数あります。一般的に派遣社員に関しては、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といったものをぼんやりとイメージされる人がおそらく少なくないとは思います。はじめは私自身もそう思ってました。現在の企業に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に業務に掛かると、なんと「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので毎日全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

期待をもって再就職に向けての転職活動と向き合えば、メンタル面での重荷が減るので・・

楽しく転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な負担も少ないので、転職期間中の堕落も避けられます。それにメンタルにも健全であれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうするには、休職によるブランクをつくらず転職先を見つけることが大切です。今の仕事を継続しつつ、次の仕事を見付ける形がベストでしょう。さらに、隙間のない探し方をすることで、今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。こうしていれば、仕事をしていない期間はできませんから、今後に響きません。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

転職を行う際、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

仕事を探すのに、インターネットでのエージェントのお世話になるケースもありますが、あなたがそういった業者に登録した結果仕事に就くことができたとしても、「失業保険」は給付されないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと給付を受けられないので注意が必要。これと異なり、ハローワーク経由で斡旋された会社に就業した場合は、就業のための準備金として一時金が支払われます。ネット上のエージェントは、私的機関です。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。こういった点を踏まえておかないと、失業中にお金が手に入らなくなるので、そうならないように気を付けましょう。

長きにわたって接客関係で勤め続けてきましたが、歳をとると共・・

長きにわたって接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ち続ける仕事は体力的に難しくなり、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを第一目標として活動しました。事務未経験の場合なかなか厳しく、そこで接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も合格し個人クリニックに転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜の勤務ばかりさせられて、接客業で働いていた時よりも帰宅時間も遅いのですが、最初はキャリアの形成時と思って仕事を続けます。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問とし・・

転職活動における最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先から採用の内定をゲットしても、現在所属している会社があなたを放出したくないとして慰留することは多々あります。仮にそうなったとしても、絶対に退職する、という強固な意志を貫くことが大事でしょう。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくっておきましょう。そして、決定権のある上司と相談し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とはっきり伝えます。円満退社を目指すのも転職活動には必要です。

新しい勤め先で、これまでのキャリアやスキルを生かすことができ・・

あたらしい職場で今までに培ってきた実力をフル活用できれば、即戦力と見られて早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に雇い主としてもスキルを持つ人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はすんなりと採用されるでしょう。それに加えてかつての業務内容と同じような仕事内容なら転職は楽になります。ですが、それなりにスキルがあるといっても大手の事務仕事や、公務員系(国家・地方ともに)はいつの世になっても、かなりの難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

新卒採用で入社した会社を辞め、一歩踏み出して転職を決意しました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、思い切って転職を決意しました。会社を辞めた後は、とても将来のことを考え不安になりました。新卒採用で入社した会社を退職し、多くの人が転職を経験していることを転職活動中に知り、自然と将来の不安がなくなりました。また1回転職をすれば、何か、気持ちが楽になり、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が充実したものになりました。いまだに「続けてこその仕事」といった転職を好ましく思わない意見もありますが、私の場合は転職を決断して良かったと思います。

がんばっている転職する活動時、「かつて、こういった仕事に従事してきまし…

励んでいる転職活動の際、「今までずっとこういった価値のあるの仕事を長く続けてきました」「これまでにこういった経験を手に入れました」と過去の経歴を強めにアピールする人は少なくありません。ところが、応募しその環境下で「機会があればこういったことに挑戦したい」「私が経験したような内容ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自分をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

もしあなたが将来、転職をするつもりなら、あらかじめ資格を取得することでステップアップできます。

もし転職される場合は、あらかじめ「資格」を取得しておいたほうが有利になります。とくに、仕事を続けながら資格取得しておくのがベストです。転職にそれを有効活用できるので、選べる企業がぐっと増えます。ですので、在任期間中が資格取得においての良いタイミングです。もしもあなたが未来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、仕事を辞めた後も悔やむことなく前に進めるはずです。さらに、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、「即戦力」と判断され、待遇アップも期待できるでしょう。

-コラム