コラム

職場環境のせいで回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい…

働く中で回復が難しいほど心的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、…

仕事のせいで心的なダメージが増え、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、会社を相手に相談するよりも、自分の家族と話し合い、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くのは当事者であるあなた自身ですが、同時に家族の問題でもあります。どんなに高い給料をもらっていたからといって、精神がダメージを負うほど延々と仕事をするのは好ましいとは言えません。今の時代は経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も徐々に認知されつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の家族や、あなた自らの体を大事にしましょう。

今の自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職を考える際は・・

今ある自分のスキルをふまえて再就職を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと転職が難しい業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職がむずかしくないジャンルは、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」系が代表的といえます。医療や介護の業種では看護師や介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてワケあって、他の業界に転職しようと思う場合は、簡単に選択しないほうが無難です。他の業界では流動性がそれほどありません。なので、容易に考えないことが重要です。異業種への転職をされるのであれば、医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職と転職を繰り返さないための術が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返しません。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるコツは容易に拾えます。そして、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強くすることが可能です。たとえば「海外に行くこと」です。海外は、文化も言葉も大きく異なるので、刺激が山ほどあります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。この状態で面接を行えば、今までとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職後しばらくは精神的に弱くなりがちなので、これからのために休みも必要です。

転職のための活動を行っていて間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていて面接において高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてストレートに話すのは問題です。たとえば給料の不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。もっとも、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対抗して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そして、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

現在は、株式・不動産投資の不労所得のほかに個人事業、起業等、…

この頃では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような変化もあり、「起業することは怖い」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長時代の際には、安定しない自営業という生き方よりも会社勤めの方が大いに安定性があり、人生の正しい道として、一般の人々に認識されていた。しかし、そのような時代は終わり、時代は変わって「成熟期」と言われています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

派遣先の会社が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の方・・

派遣社員としてある会社で働くことになりました。最初の勤務日に派遣会社の営業担当の方と就業場所に近いコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、彼がどうしたことかコンビニの前にいないから店内にいるのではないかと考えコンビニの中に入ったところ、営業担当者は雑誌コーナー前の通路に座り込んでいやらしいグラビアのページを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当の人のお仕事なんて願い下げだと感じて、その場で声をかけず気付かれないようにお店の中から出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡をしました。

再就職する場合必ず用意する履歴書や職務経歴書は、ほとんど・・

再就職する時に準備しなくてはいけない履歴書などについては、大体、パソコンを用いて作成するのがほとんどです。日本に関しては履歴書はパソコンを用いず手書きで作成するというのが当たり前と捉えられている面も多々ありますが、それは新卒の就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際のところ、転職をする時においては必ず手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。手書きの方を評価するところもありますけど、違う場合が徐々に多くなってきていますから、パソコンを用いて作成したものでもOKな企業は意外にも多くあるのです。

転職する場合の面接でほぼ確実に投げかけられる質問が前職を辞めた…

転職の面接でおいてほとんどの人が尋ねられることが辞職した理由ですが、この質問に回答する場合には話題を辞めた会社に向けない方が安全です。会社を辞めた理由を的に絞り話が進むと必然的に悪い印象を与える要素を取り込んだ話の内容になってしまうので。このことを上手く話すには、なぜ前の職場を退職したのかという事をこの会社に必ず入社したいという考えがあったからという話題にしたら良いということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社に話を向けるべきです。その会社の内容であればマイナスではなくプラス面を印象づける辞職の事情にすることが可能です。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だとされています。企業の多くは履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が重要といえます。ただ記入するだけにとどまらず、記載内容を充実させることも大事です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記載しましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。部門の残業時間を何%減らしました、など具体的に記します。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用してみるのも転職を成就するための一つの手です。

転職活動を行うにあたっては、事前にハローワークの求人票を見たりし…

転職するのなら、予め、ハローワークの求人票を見たりして転職希望先の会社をチェックすると思います。その会社が情報を公開する際には、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の社長の方針や社員の感想については、それをすべて信じるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「話が全く違う」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろと難癖をつけて退社できないように策を練ってきます。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが…

失業時に受け取れる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて職探しを開始しても好条件の仕事を探すのは難しいです。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といったことくらいはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、面接官から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると不合格となるでしょう。

転職にあたって相応の準備が必要となります。

再就職にあたってそれなりの準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ目に見える「服装」は気になるところだと思います。でも、近年の企業面接については私服を許可している企業もあるので、スーツでなくては、と考えて面接に出向かなくても良い場合があります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、厳格なマニュアルもないことが多く、スーツでいかないほうが相手に良い印象を与えられます。加えて、フランクに会話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで時には面接時にファッションの話題で盛り上がる可能性もありますから、面接担当者へのアピールにもなります。ですので、転職にトライするなら「創業年数」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

大規模な転職エージェントに限って、多数の案件を持っている…

「就職エージェント」大手の場合、豊富な案件を持っているという魅力がありますが、その反面、転職希望するライバルも多くいることになります。それゆえあなたが気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが不可能だと判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、あなたの以上に入社の可能性が高いライバルがいたら、そのライバルを優先しやすいのです。要するに大規模な転職エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募することが困難なので、方針を変更して比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか、と話しをしておくと転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

転職活動をするときに気を付けたほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで…

転職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人内容は、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が少なくありません。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料形態に残業代を組み込んでおく、といったものになります。(合法です)例えば求人に『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」という意味になるわけです。でも、悪質な求人には『みなし』を表記していないこともザラですので気をつけておきましょう。

一般的に大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため、…

多くの場合大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。さらに、都会以外だとその見込みはずっと少なくなりそうです。例外として、「製造業」系であれば、地方の工業団地付近に工場を持っていることも多々あります。そういった地方の工場は、事業分野の拡大をする際に「人員募集」をしているので、このチャンスを見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する企業の情報をあらかじめ得ておきましょう。ホームページにアクセスして、求人予定の有無など、暇があれば確認されることをお勧めします。

これはシフト制の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった・・

これはシフト制の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人を結構見ますが、シフトの提出方法や休む手順については、チェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は出産のため抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更の必要があり上の人に「日曜日に休みたいのです」と私から交渉しないといけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

自分の好きなことを仕事にしたいと思っている方は気をつけた方が良いです。

自分自身の大好き、を仕事にしたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが趣味で以前は、飲食業界で仕事をしていたことがあります。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係に悩まされました。ということが理由で、退職しましたが、同時に、好きだった食べること、そしてその店で提供されていた食べ物すら苦手になり、似たような飲食店はしばらく経った現在も行くことができません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。仕事を始めた頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。得意なことや好きなことを仕事にしたいと思い、実現させることは本当にステキだと思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分に尋ねる必要がありそうです。

再就職では、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」になります。

転職をするときに重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。多くの場合面接では面接担当者が応募者に対して、転職に至った理由など色々な質問が飛んできます。そして必ず、一通りの質問と説明が終わると、次は、転職希望者から面接担当の人に逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の方から「何か我が社についての疑問点はありますか?」と尋ねてくれるわけです。こんな時は、気持ちの準備ができず、戸惑う可能性もありまよすね。そんなときのために、面接の前に不安に思っていることなどの聞きたいことを用意しておくと良いかもしれません。よく考えてみればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると考えている人が…

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、じっとしていれば受け取れると思っている人がたいへん多いですが、それは誤りです。実のところ、失業保険を希望通りに受け取るためには、求職活動を行っている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期でハローワーク職員との面談を経て、職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。仮に、本気で仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、当然問答無用で給付が一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう気をつけておきましょう。

転職活動を成功させるには、ゼッタイに自分自身の心がスッキリしてい…

転職をするための活動を行う際は、最初に何よりも自分自身の心が急がないということを心がけましょう。まだ辞めないで転職の活動をする場合はそれほどには気にする必要はありませんが、退職の後に行う場合は人というものは内心が焦燥感が出てしまいがちです。なので、慎重に活動することを忘れないようにしましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭にしてみましょう。候補の職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、落ち着いてしっかりと確かめてみましょう。時間を掛けて判断することで良い転職先が見つかりやすくなります。

-コラム