コラム

雇用期間中なら、出来るだけ社内の人間に悟られないよう…

雇用期間中は、状況が許す限り、社内の人間に気づかれないよう…

在職期間中なら、できるだけ会社内の人に悟られないよう、(ちなみに私自身のときは)就労期間中に転身の気持ちのみを早いタイミングで同僚に話してみました。とはいえ、その後求人誌を必死に見て回ったのですが、予想に反して働く先や転職するタイミングも無鉄砲に決まらないまま、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験し、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

将来的に、私たちの労働環境においてますます単純な仕・・

将来、社会的には着実に単純作業は機械に変えられてその移り変わりによってそういう仕事をする労働人口は削減されます。というのも、シンプルな労働という観点では人間よりも機械で進めたほうが数段に強いからです。数をカウントするとか、同じ手順を延々と繰り返すことは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人間とは違って泣き言も言わず、疲れもしない、横着をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、そして、報酬が発生しません。こういったことから、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化の流れは自然といえます。

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが多くの求人情報が掲載されているた・・

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載数も豊富なため、入社したい2つか3つの会社を、とりあえずは転職サイト登録しておき、年収などの条件にあらかじめを入れておき、加えて条件に合った求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。しかし、最初は登録するのにけっこう時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、初回の準備を抜かりなく行うことを推奨します。

転職活動では、希望している企業そのものより、具体的には「担当面接官」と…

転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」とのやり取りが大事です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめにあまり意識せずに焦らずに対応することを心がけましょう。お見合いをする意識で望むと問題はありません。また面接を介して第一歩としてあなたの内面的な部分をチェックされてしまうので悪い評価になるような態度は注意しやめましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した整った服装で望みましょう。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

転職しようと考えたとき、転職先となる職場における給料を気にしすぎる人…

転職というものを考えるとき、転職先での自身の給料を過剰に気にする人がどうも多くいるでしょう。とうぜん多くの方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費のために働いているはずです。とうぜん年収というのは自分自身の社会的な価値を知る値としての側面もあるから大切なことは当然ともいえます。ですが、愚かにももらっている年収額ばかりをとらわれすぎてしまうのも寂しい気がするでしょう。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。

先週仕事を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当の方がどうも経験の少ない社員のようで、こちらが説明している話の3割もわかってはいない模様だったのです。さらに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」とか、上から目線で偉そうに話すのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人は多少は仕事を経験している社員にしてほしいと感じます。

仮に再就職するにも何もかもがうまくいくという確証はどこにもありません。

再就職するにも何もかもが順調にいく確証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいつか、転職しようと思っているなら歳の若いうちになるべく早く変えてしまった方が良いです。平均的に見ると、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代になると転職活動全般は、たいへん厳しくなります。もしもあなたが、役職をすでに担当しているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、思いとどまることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社には残ったまま慎重に未来を構築していったほうが良いということです。

再就職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださ・・

転職の時に行われる面接時にクールビズで来てくださいとと書かれていることもありますが、クールビズで赴くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような思いを心に持っている方にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接は書かれていることを素直に聞き入れるほうが正しいです。色々悩みすぎてしまい、汗をかく季節にスーツをしっかりと着ると相手に暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

クールビズ(軽装)で転職の面接場に出向くときには、ジャケットに関し…

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接会場に行こうとするときには、いくらなんでジャケットまでは羽織って出向くことはないと間違いなく分かるわけですが、ネクタイに関しては着用していったほうが間違いないです。タイの着用はなくても大丈夫だと考えている会社もあるとは思います。ですが、ことネクタイにおいてはクールビズだろうと必ず着用する必要があると考えるところが一定数存在します。そういった訳で、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイを着用してから面接に行った方が安心であるということを知っておいてください。

明日からでも転職活動をするのなら、今現在の業務や・・

これから転職することを希望しているのなら、今の職場・業務での納得いかない部分を洗い出しておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らない点があるからこそ、転職しようと思われているはずです。が、「きちんといまある職場・業務の客観的にみた満足できないことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションの低下は未然に防ぐことができると思います。

求人情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ・・

求人をチェックする場合、事務系の仕事がしたいからと、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勘違いしているケースもあります。製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」のお仕事もとても多いです。けれども、製造業の勤務場所自体、ビジネス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。けれど、自身の執着をなくすことでよく考えた方が良いですね。

友人や知人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。

知人からの紹介によって転職する先を見付ける人がいます。ただし、転職をした先の労働環境や労働条件といった部分について友人知人からの口コミ情報のみで判断してしまうとあとで問題です。言うまでもなく、一人の個人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに友人・知人にしたら心地よい職場環境に映っても、自分自身にとってはまったくそう思えない環境かもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、しっかり自分の目で確かめておくことも大切です。

以前は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」を利用していました。

かつての私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に通っていました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。なので、転職活動をする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。「ハローワークって地味な雰囲気がある」というイメージがある人もいるかもしれません。ですが、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、この先勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。大手転職サイトみたいに大量の電話やメールもありません。

転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動することは今では当たり前のことです。そうとはいえ、転職のチャンスを高めたいのなら、それに加えて転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運べばいろんな企業の情報を得ることができ、それに加え、説明員等の雰囲気から、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに参加するのであれば、面接を受けに行く心構えでしっかりと準備をしておきましょう。それが奏功してフェアに参加している間に、企業側に必要な人材と思わせることができれば、後に面接等に進む時にとても有利になると期待できます。

転職のための面接に転職希望の会社へ伺ったときのことです。

転職の採用面接を受けに転職したい会社へ出向きました。偶然その会社の会議室や応接室が空いておらず外部のとある場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接を行って、当該会場で解散をして、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、驚くことに自宅最寄駅が私と同じ。それで電車内においても一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、緊張が解けて面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったからなのか無事に採用を手に入れることができました。

転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業クラスの場合…

転職の際の面接では、中小企業であれば、大抵は「人事」が面接担当になりますが、それ以外にも実際に今後仕事をすることになる担当者、かいつまんで言えば部長や課長などの管理職クラスが面接を担当することも珍しいことではありません。とくに事務・営業といった部署に転職するのなら、資格での具体的なイメージはありませんので、やはり自分自身をアピールしていくことがとても重要になります。面接官から「この人はハッキリ自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。

再就職をする際の面接でつける腕時計の事についてですが・・

転職時の面接でする腕時計の事ですが、どう見ても目立つようなタイプの腕時計はやめておいた方が安心といえます。目立つ腕時計と言うのは高級ブランドの腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは反対に安っぽいものに見られてしまうとか、そういう意味であって真反対の目を惹くのだと理解しておきましょう。転職の面接のときに着用する腕時計はポジションとしてはネクタイやスーツと同様に、ビジネスの場にふさわしい無難なものをチョイスするほうが悪い印象にはなりません。とはいっても、年齢に見合った腕時計であるということも大切なことで、新卒の面接で着けていた腕時計よりは少しでも値を上げた方が間違いないと断言できます。

転職サイトに一度登録すると、電話やメールでの連絡が何度も来ます。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。このことに対して何も知らずに利用しはじめた人はとてもびっくりする場合がよくあります。転職エージェントは転職を助けることが仕事だとされるので、本当に積極的に行動します。大手のエージェントは転職させると企業から報酬が入る仕組みなため、転職希望者の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。さらに、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が出るとすかさず、入社を強くすすめてくることが少なくありません。自分の気持ちや意思を明確にし、妥協した形の転職とならないように注意しておきましょう。

転職するときは、あれこれ情報収集されるとは思います…

転職するときには、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の角度から見ると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にしなくてもいいはずです。あるいは、真実はクロで「このままではいけないと考え、潰そう」と考えている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが目立つということは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する可能性も高いといえるでしょう。そもそも、良い会社だったらトラブルは起こりませんから。

派遣社員だからといっても、1年経ったら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはない・・

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職を経験して気付かされました。新婚し、生活に慣れたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、その間までと思い数年ほど今の職場で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であるために、正社員より収入は少なめでしたが、やはり時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。ところが、入社後、一緒に働く人たちの大多数が派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、困ってしまいました。

-コラム