コラム

転職した場所では、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

転職した場所では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

転職先にて、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。特に、はじめの年はほぼほぼ研修期間が含まれているというのが可能性は少なくありません。私のときは、どうにかして転職したのに、期待とは裏腹に前の会社での年収とあまり同額ということがありました。しかも業務は多忙を極め、かなり責任を伴い二年目を迎えるまで本当に厳しかったです。そうした経験から初年度はいわば勉強の年と割り切って、可能ならば転職以前に貯金をしておくべき、と思います。

女性が転職するに当たり、一昔前と今現在とは少なからず、違ってきている点があります。

女性の再就職に際して、一昔前と今現在とは多少の変化があるようです。一昔前は面接の際に、結婚の予定や出産後の考え方などのことに関して、ごく当たり前に質問されることが多々ありました。でも、今の社会では、こういったデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない企業の方が多くなっています。特に大企業の場合は、かなり神経を尖らせているようです。ただし、会社側としては、YES・NO、の2択ではなく、その人の生き方、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っているものです。自分自身の価値観を知ってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら伝えることで、相手側も考えがわかり、安心できると思うわけです。ですので、たとえ、聞かれていない箇所もあなたの方から配慮し、話していくことを考えてみてください。

何年か前までは求人情報に雇用主が必要とする「性別」につい・・

何年か前までは求人誌では、「性別」が明記されていました。しかしながら最近では、男女雇用機会均等法の施行等により、男女差別が採用時にしてはならないルールが敷かれ、求人情報の中身に「性別」が記載されなくなりました。とはいえ、働き手を募集する雇い主としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。そんなわけで、実際は男性が欲しい案件に、女性が応募したり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまったり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。もし、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えたほうが良いでしょう。

転職の時の面接で着るビジネススーツの色味については・・

転職時の面接で着るスーツの色は、新卒の人たちが就職活動の時に着用する色合いが一般的です。ということは、紺色や黒色などのような落ち着いた色合い、ということになります。それは再就職の面接でも、着用するスーツのカラーは黒系や紺系のダークカラーが大方を占め他の色のスーツの人は少数です。その他の色で言えば、ごくたまにグレー系が少しいるほどです。割合からしても黒系や紺系のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、面接を行う人事から見ても黒や紺色であるほうが普通に見えます。ですから、見た目の印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。

最近の会社や企業の労働背景が慌ただしく変わってきたこ…

現代の雇用事情の変化について若者の世代は敏感に感じ取っておそらく、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。こういった背景から労働者・サラリーマンといった人たちの労働市場の「流動化」が活溌になっているので、それに応じて今後、より広い世代で転職についての注目は増加していくものと思われます。「流動化」が背景にあることで、労働者の転職は当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」機能していた頃は、「会社を辞めて転職」にはれだけで良くないイメージがつき転職が思ったようにいかないケースもたくさんありました。ですが、時流の変化とともに今現在の会社だけに執着する意味も必要性も減っているように感じます。

あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」など、…

もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に移り住んで再就職したいと考えている人が、近年増えています。ネット社会の今では転職サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人情報にも容易に知ることができますが、しかしながら、地方での求人に関しては、どうしても都市部よりも少ないのが難点でもあります。そのため、求人サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

転職した際には、高い確率で前の会社の仕事の美化されます。

転職後は、大体の場合、それまでの会社の仕事は美化されるものです。そもそも現在の会社に納得できない点があるから、前向きな思いでせっかく転職を決意したはずなのに、時の流れとともに不思議なことに転職後の会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と感じ始めるのです。というのも至って当たり前で、前職は日々の日々の仕事の手順に慣れていて、簡単に毎日仕事が淡々とできていたからというのがもっともというのもあります。実際は「転職するんじゃなかった」と真剣に感じるほど、過去の仕事のほうが人間関係や職場環境も良い場合があります。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって・・

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業側からも次の世代の明るい動向が著しく現れてきています。そのような変化の中で、民間企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」がとても大きな社会問題となっています。また最近では、「外国人労働者」の割合を増やしていくつもりでいると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化のなかで日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

転職活動をするという時は、良いと思える求人(あるいは業種・・

これから先、転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業界)を見つけたときにマメに「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票・転職エージェントからはその業界のデメリットなどは、アドバイスしてもらえません。ネットで調べればネット検索を活用することでいとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そういった実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、あとになって入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたい求人募集が出ている理由が「業務内容が厳しく、人が定着してくれない」という場合が少なくないため、目に留まった業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

転職をするなら、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと共…

転職なら、むろん仕事におけるやりがいのアップと共にそれにとどまらず収入が上がることも重要なポイントになるから「年収サイト」というところに登録をして事前に研究しています。全く同一の会社でその上全く同じ職種、経歴であるのに人によって非常に違いがあることも多くあって、ぶっちゃけて言えば面接で質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いたのはある程度予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと思ってください」とのことでした。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。そ・・

ある古物商の社員募集にて、書類選考に合格しました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。面接日当日、行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、始終だるそうな対応の状態のまま面接が終わりました。ですが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達でまた電話した結果、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」とすぐに電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、正直なところ、不採用で良かったと感謝しています。

看護師でありながらそれと違う職に転職を決断する理由は・・

看護師という職の人の他の仕事に転職を決断するキッカケは、人それぞれ。色々な事情があるはずです。さまざまな理由がありますが、看護師でありながらの転職するには「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚がきっかけで家庭環境の変化によって出産、子育てそのうえに親の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によってこれまでと同じような仕事が難しい」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満がある」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。しかしながら、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と思うに至った理由をじっくりと現状を客観視することもしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してから決断してみてください。

今と違った職場の社員になりたいと転職活動をする場合・・

今の会社を辞めたいと転職をする活動をしている場合には「できるだけ早く、内定が欲しい」といった気持ちが強くなってきます。ですが、そういう気持ちで内定通知が得たいあまり、自分をより大きく見せたり、またその逆で自分を過小評価につながる行動はぜったいにしないようにしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをグッとおしころして、冷静に客観的に考えながら自分にふさわしい職場を探すことに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を賢く選択してみましょう。

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては勤めている会社側が「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐもらえる場合があります。なお、もらえる「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の直近の給料を基準に失業手当の金額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

世の中は変わっていてパソコンを使えばネット上には、いわ…

この頃はPCは便利でネットのエリアには、「転職に関するサイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分に見合った転職先というのを見付けるために、とりあえず情報を収集することが欠かせません。こんな「転職サイト」を上手く使いこなすことで、スムーズな転職が実現します。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。

日本には古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、…

「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。昨今、「転職」が決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。が、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。実際に再就職するつもりなら、適した時期というのも有るでしょう。基本として、今現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、納得できていないと思うことを5~10個ほど、探してみてください。そうしておくと、再就職に役立ちます。そして決断したら決断を早めにし、良い仕事を手に入れられるようにトライしてみましょう。

転身するつもりなら、労を惜しまずにさまざまな企業の採用情・・

転業を近いうちにするつもりなら、様々な会社の募集案内を定期的にチェックしておくと転身先を選びやすくなります。あなたが今の職場を不服だと思っているケースでは、いざ転職活動をはじめたとき、どこの企業もいいように映ってしまいます。そうなったら、どこに決めればいいのか、選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択をしくじりかねません。その結果、直ぐに転職を考える羽目になるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしておきましょう。良い企業は、取引している会社を公表していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名で中身を調べておくのも良いでしょう。

転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込んだり・・

転職期間中には、趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活をしておくと良いです。勤め口が見つかり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に打ち込んでいたことによっていつの間にか集中する力がアップしています。また体力アップしているために、その場の社員さんと比較するとスタミナがあると認識することができます。というワケで、退職したら自分の好きなことに力を入れることと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。そして、その職場にてあなたと同じ趣味の人と出会えれば、話題に花が咲くので、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職をする際に気にかける求人情報というのは、おおまかなものとし…

職を変えようとしようとしている時に目を光らせることになる求人情報については、だいたいのもので書いてある可能性があります。ですから、そこに掲載されている内容はすべて正しいとは安易に信頼するのはやめておいたほうが好ましいでしょう。その中でもとりわけ報酬に関しては平均の値なのか?最低金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような見極めができない場合が多く、自分で適当に解釈してしまうと、今後、嫌な思いをする可能性もあり得ます。という事で、悔しい思いをしなくて済むように、募集事項に関しては、一般的なものだと思って、そういったような肝心な内容は会社の方に直接問い合わせるのがよろしいです。

転職の面接などにおいて担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同じように相手の方に名刺を…

再就職での面接などの時に名刺を渡してきた時、自分も同様に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に悩んだときは、大方は渡す必要のないもの、と思っておきましょう。転職のための面接というものは仕事内ではなくて、仕事を得るための採用活動内のことなので、普通に考えれば名刺をやりとりする時間ではありません。加えて、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という事で、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関しては受け取るだけで問題なくて、相手にあげることはないと思います。

-コラム