コラム

現在の自分の仕事や勤め先に関して、大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

現在のあなたの仕事や業務に関して、不満の中に、「自身のスキル・能…

現在の職場や業務について不満に感じていることの中に、「自分の持っているスキルや仕事での能力を誠実に評価してくれない」さらに、「賃金は平行線だし、将来的な出世も期待できない」といった不満が多数を占めます。ですが、そのような不満が強すぎる人の場合、自分自身の持っている器量を「過大評価」している事が少なくないのです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、転職活動がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性があります。転職を円滑に行うためにも、実際の自身のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。

このところ私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイトを見ていて何の気なしに自分に向いていそうな仕事を探し出して応募しようとすると「そのお仕事はすでに他の人でお話が進んでいます」と言われてしまい瞬間的にサイト上から仕事情報が消えるのですが、なぜか次の日になればもう一度情報が掲載されています。これは結局私ではよくないのだということですよね。そうであるならば初めからカドが立たないようにはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともひょっとして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接では、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソはバレてしまうからです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性は普通はありません。もし、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのをすぐに退職せざるを得なくなる状況も考えられます。

人生初の転職を行うのであれば、注意しなければいけない・・

初めて転職を行うとき、注意しなければいけないのはどうして現在の仕事を辞めなければいけないのかを明確にしておくことだと考えられます。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その上で問題を改善できそうな会社を選択しましょう。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動をやっていくことから、時間と体力が必要だといえます。明確な理由もない状態で転職をしようとしたら、途中で息切れしてしまう場合があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動を本格的に始めることはあきらめましょう。

転職したい会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社見学は、職人技を間近で見られてワクワクします。そんな会社の見学では、見学者にはほぼ例外なく、いつも通りの現場を見せることが少ないです。例えると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この分野では、癖の強い人が多いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿はわかりません。なので、仕事=見学で知った内容と解釈しないことがとても賢明です。さらに、会社見学時に仕事体験ができる会社は、問題があるので正直言って、気を付けるべきです。入社すらしてない人には何かトラブルが発生しても、それに対する保証も一切ないので、仮に、勧められても丁重に断るのが無難です。

転職活動をスタートする際、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えて・・

転職をしようとするときに、まずは今の会社を退社してから転職しようと考える方もいますが、先に辞職してから転職活動を開始しようと考えている人はボーナスが入る時期を前もって調べておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は星の数ほどありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが入る日まで少ししかないのなら、ボーナスが支給されてから辞める意向を伝えるというのも賢明といえます。ボーナスはそれなりにたくさん入るので、手に入れておいた方がいいとも分かりますから、辞職する際には会社がいつボーナスを支給するかについて最初に調べておいた方が賢明なやり方です。

経験したことがない業種などに転業を行う際は、自分が前・・

これまで経験したことがない分野などに転身を考えるときには、自分が前の職で養われた腕前やこれまでの経験が生きるといった内容の自己主張が必要です。未経験のジャンルの場合、その分その分野を経験している人よりも事実、不利な状態になりますけど、自らが保持している力がそこで十分に生きるということをうまく相手に話すことができれば、戦える場合も十分にあります。それゆえ、経験が全然ない分野に挑戦するときには、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事との関係を見付けましょう。

安定的な生活を手に入れるべく正規社員になろうとしている人…

より安定した人生を送ろうと正社員として働こうと考えている人は少なくないでしょう。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、中々正社員のためのキャリアアップがうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人はかなり充実しているのに正社員の求人募集以外には目もくれず時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一あなたが、正規雇用での転職が厳しいのなら、契約社員や派遣社員の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中にはその人の実力によって、2,3年で正規雇用へのキャリアアップが図れることもあるからです。面接時に「正社員登用」の可能性があるかどうかをヒアリングしておくと将来設計も組みやすくなります。

転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事をしつつ求人の応募に走ったり、面接に臨むのは心身ともに大変です。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり直接応募していたとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると覚えておきましょう。

転職で勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する…

転職で職場を一新するということは、自分自身に見合う居心地の良い場所を見つけたいものです。勤め先を変えれば、自分の天職に出会う可能性もあります。でも、マイナスの面も持ち合わせていて、即戦力となりうるスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。言い方をかえると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。ここ最近は、職業選択の自由が社会通念上として認知されているので、転職を選択しても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。組織と人との関係が薄まりつつある今は、「スキルのある人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、この好機を有効活用してみてください。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるはずです。この時、どんなにあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」に関しての愚痴ともとれる返しは、絶対にやめておきましょう。もしも、そのような不満を口にすると、採用されるチャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが正解なため、事実とは異なっていても、「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」のような未来志向での返答が担当者には受けます。

勤めていた会社で反りが合わない上司に嫌な気分にさせら…

初めて働いた会社で感じの悪い上司に悩みを抱えて、とうとう我慢ができなくなり退職し、同業である別の会社に移りました。その会社では上との関係も良好で仕事ができ非常に充実した日々が続きましたが、ゆっくりと業績が悪化して、結局はある会社に経営統合されることになったのです。ところが経営統合したのはなんと前に勤務していた会社で、おまけに反りが合わない上司がもう一度私の上司となることになりました。いったいこれは本当に縁があります。当然また転職活動を開始するつもりです。

転職先を探している間は、知らず知らずのうちに気が緩んでしまい…

転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないのに気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。でも、そういった生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。それは、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。なので、いつの間にか働く気力がなくなり、お金に困ってしまいます。こうして、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の職場をなかなか決められなくなります。再就職先を決められないのは、給料を最優先に考えるようになるからです。お金を第一に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラケタ生活は、意識して避けるようにしてください。

派遣会社に登録して働く人が近時は多くなってきています。

派遣という形で働く人が現在多くなっていますが、派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをできる限り面接のときに確認しておいた方がいいでしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りとして、手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示をしてくれない業者も多く、悪い業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースもかなりあります。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できる限り別の派遣会社を利用されることを推奨します。

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師といえば、どうして・・

昔は看護婦と言った看護師は、歴史的背景から女性の割合がとても高い職です。そして、気力それに体力ともに大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。そのために、職場の環境での対人関係のいざこざや、結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい職業といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多いというのも事実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に困っています。なので、各病院は、看護師が足りない「売り手市場」な状態で、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

転職活動中の企業での採用面接でのしてはいけないのは過度に…

転職活動中の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫をかぶることは思いのほか逆効果です。そうならないために思い切って面接時は、「給与制度」といったような、普通は触れにくい内容を勇気を持って聞いておくと最終的に絶対にあなたのためになります。実際には「入社前の段階でずけずけとそういった質問をすると最終的に採用されないのではないか」と気になるかもしれませんが、ところが、意外と面接官に良い印象を持ってもらえることは最終的には少なくないようです。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、実のところ、多くの人が気になっています。ですが、面接に応募した人たちの多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「正直な人だな」ということで自己アピールになるのです。

最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり・・

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰を与える傾向にありますが、まだ完全とはいえません。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。最初に、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらをもとにいろいろと質問をぶつけましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」というような逃げるような姿勢になることが多くあります。中でも「給与」「残業」「休日」においては、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、入社は止めるべきです。

再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変することがあります。普段から良好な場合であれば、問題はないこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。それだけでなく、残業時間を増やされるキケンもあるので、軽はずみに転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。なので、上記のトラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、会社を辞められます。それに、何の問題もなく円満に退職できたなら、辞めた会社に困ったときにアドバイスをもらえるかもしれません。業界に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりはとても大切であるため、転職前のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

こうした話は友人からの話です。

この話は知人の話です。新卒の時にぜひとも入社したかった最終目標であるA社の最終面接で内定が得られず、それから後泣く泣く別の会社に入りました。それから数年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックしていた際偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、気持ちを抑えることができなくなって当時働いていた会社をすぐに辞め、A社で派遣での勤務を開始、懸命に頑張ってそれから後予定通りにA社で正社員登用され、今では仕事に誇りを持ちながらいきいき勤めています。

この前、転職をやっとしたばかりだというのに、早期に辞めてしまう選択してしまう人…

少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、慣れもしないあいだに辞めてしまう決意してしまう人が意外にも多かったりします。何故かと思うと私の思うところは心機一転、良い仕事環境に飛び込んだものの、「自分の考えていた職場とだいぶギャップがあって幻滅した」「雰囲気が受け入れられなかった」といったことで別の仕事を探すことが多いといいます。可能ならこのような、転職における失敗をしないためには、はやり前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、給与システム、などチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

-コラム