コラム

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることの証明が必要になりますが…

失業保険の給付においては、職を見つけようとしていることが条件になります。

現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしているという証明が必要となります。でも、現実的には「会社を辞めたことだし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実でしょう。そこで、ちゃんと働き先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのは必須ですが、その場で求人票を見ることは最低限行わなければいけません。真剣に探す意思がないときには、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が見当たりませんでした」と相手に報告し、次に期待しましょう。

自分が勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していました。

自分が仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。転職のアドバイザーのレベルも様々で大体の場合、満足できない感じる人ばっかりでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと真剣に向き合ってほしいという欲が膨れ上がりました。それが発端となりキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためにはコストもかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面においてもハードなわけですが、就活中の人たちから頼りにされる存在になるべく努力しています。

仮に、現職からの転身を決心したなら、あくまで同僚・・

仮に、現職からの転職を決心をしたのであれば、周囲の人間にはひそかにそれを伝えずに転職活動していき、転身先が決定していないのなら、あくまでも会社内の人に悟られないよう普通に振舞うのがとても無難です。転職先が決まっていない間、この状態を維持していれば、万一いい転職先がすぐに見つけられなくても、転身予定を先延ばしにしながら現在の職を続けても何も問題ありません。そうではなくて、ついうっかり「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周りはその言葉に合わせて動き出します。それに加えて周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あいつは退職する人」という位置づけになります。そういった状況のあとで、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は辞めようとした人」ということで立場が悪くなると感じるでしょう。

20代のうちに転職を2回ほど経験して、今現在はいくつか資格を取得するため・・

20代前半で転職を2回した為、現在は資格を取るべく派遣社員で働いています。フルタイムの勤務でないため、やはり給料は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のときに資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、身近にそういった人を見てしまうと羨ましく感じたりもします。昔の私は、自分と他人を比べてしまい、悩んでしまうこともありました。しかし現在は、結婚し、私の生活環境が大きく変わり、その中で仕事や将来の夢も定まったので、しあわせな生活を送れるようになりました。

後悔しない転職を目指すのなら、前もって情報を集めることを徹底してみましょう。

転職することを成功させるためには、最初に行動するようにしなくてはいけません。ですからインターネットを見ると名前も知らないような中小零細企業でも公式サイトを作っている会社が多いため、インターネットを活用して自分の気になる点を手に入れるとそれとその会社について疑問点を整理しておくと転職の助けになってくれます。また、公式ホームページの他に、転職サイトなどを上手く利用することも良いかもしれません。実際にその職場を自分の目で判断してみるのも良いと思います。

求人についての情報では、ほとんどの場合、たいていの株式会社・・

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は大部分の会社では月の給料の記載に目が行きますよね。でもこの月収の項目を頭に入れる時には、深く確認する事が大事です。額の多い少ないだけ見てわかってしまわないようにしましょう。何故かというと案件によっては、月収の額の中身が「毎月30時間分の残業」が含まれているかもしれません。何が問題かというと残業代を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。それ以外にも、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性も考えられます。そういうわけで、そういった「不誠実」極まりない案件は、注意が必要と言えるかも知れませんね。

今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。あなたに特許権取得の経験があるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、「研究開発」の論文を出した人、マスコミによって注目を浴びている人など、「功績」を残した人物を対象に、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと推測される誘いを受けたときには、そういったことが無かったか思い出してみましょう。めったにないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、その手の輩は間違いなくイカサマであるので無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を払う必要などありません。

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を辞める…

転職するにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしも自己都合で退職届を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険をすぐに受け取れません。手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則を間違って理解している人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されて即座に失業保険が給付となります。

派遣で働いています。派遣法とかの関係で不本意にも長い期間働い…

派遣として勤務しています。派遣法とかの関係でずっと働いていた就業先での仕事を辞めることになります。派遣仲間の中には、派遣の勤務先から正社員の地位を獲得した方もいるのですが採用された理由としては正直仕事の実力とは関係なく派遣先の上司への媚びへつらいが上手でお引き立てがあった気配。仕事のスキルよりおじさん転がしのスキルが重要なんじゃないのと選考に漏れた他の派遣仲間と派遣先の職場で毎日不満をたれています。

『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、…

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が強いのであれば、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。相談という形で話せば状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職することを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。本音は仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなり心の底から失望しました。

あなたがもし転職サイトで自分にぴったりのストレスを感じずに働ける…

現在あなたが、「転職サイト」で自身のライフスタイルに合った働いてみたいと思えるような企業を探しているならば、「転職エージェント」も併せて活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、そのサービス内で紹介してもらえる求人情報は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないくらいとても質が高いといえます。そして、あなたの希望にフィットしたものを調査した上で紹介してくれます。そういうわけで、かなりの精度で希望する求人に巡り会えるので試してみる価値があります。もし、同じ求人を発見するとしても、自身の力で行き当たりばったりに探す労力を考えれば、効率は良いです。ですから使ってみる価値はあります。

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひチェックしていただきたい点が数点あります。まず派遣社員の業務については、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」といった業務内容をぼんやりとイメージする方が多いはずです。最初は私自身もかつてはそう思っていました。今、勤めている企業に入るまでは「電話対応が主な業務」と直接派遣会社からも説明も受けてました。が、いざ仕事に就くと、なんと抜けた正社員さんの穴埋め業務を任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とはかなり違っていたので非常に参っています。今は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

楽しみつつ、再就職をすることができたら、精神的な重荷を抑えられるの…

将来に目を向け、楽しく転職をすることができれば、メンタルを脅かされることがないので、転職期間に堕落はしないですみます。またメンタル部分が損なわれていない分、すぐ、転職先も見つかるはずです。理想とするのは、休職せずに新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の会社を退職せずに新たな職場を探すのがベストです。また、隙間をなくせば仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そのようにしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴にもキズがつきません。要するに、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。

仕事を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン・・

転職活動をするにあたっては、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋してくれる会社がありますが、たとえそこに登録し新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを経ずに就業しても給付してもらえないので覚えておきましょう。これと違って、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業した場合は、就職に備える準備金として、一時金を得ることができます。インターネットでのエージェントは、私的機関です。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを頭に入れておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

ずっと接客業で働いてきましたが、年のせいか立ち仕…

長く接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねると共に立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードで、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを視野に入れて動き始めました。事務未経験となるとけっこう厳しくて、そこで接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も獲得し個人の医院に転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜のシフトばっかりさせられて、接客の仕事をしていた時よりも帰る時間が遅くなったのですが、最初の頃はキャリア形成の時期と考えて我慢します。

転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。転職先の企業を見つけても、現在勤務中の企業が退職を引き留めようとするかもしれません。そういったケースでは、困難に負けずに退職する、という強い意思を持つことが必要といえます。たとえ引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をつくっておきましょう。そして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動で大切なポイントとなります。

新しく就いた職場であなたの過去のスキル・キャリア生かすことができれ…

再就職先で自身の過去の能力を存分に発揮できれば、即戦力として活躍でき、割と早く仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社側も即戦力は常に必要なので、時期さえ合致すれば、簡単だといえます。更にかつての働いていた仕事と似た業界であれば、可能性は十分にあります。そういっても、即戦力な基準を満たしていても、大手企業の事務職、公務員系の募集は、いつの世でも中々の競争率だと覚悟しておきましょう。

新卒採用で入社しましたが、転職すると決めました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、悩みましたが、転職すると決めました。実際に行動する前は、人生でもっとも将来のことを考え不安になりました。ですが、会社を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自身が転職活動をしたことで分かり、いつの間にか以前よりも安心することが出来ました。1回転職したことで何か、考えも前向きになって、「本当に自分のしたいこと」を探すのが楽しいものになりました。やはり「辞めずに続けることが普通」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

やっている転職活動をしているときに、「私は今まで、こういった職場の…

今やっている転職する活動時、「これまでこのような種類の仕事に従事しました」「これまでにこういった経験を手に入れました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールする人はしばしば目にします。ですが、転職先となるその組織で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「私が話したような内容の仕事ならぜひ貢献したい」と未来形として自分をアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

もし近い将来、転職するのなら、事前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

転職を考えているのなら、事前に資格を取るとステップアップします。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておけば、転職活動の際でそれを生かせることができるので、選べる企業がぐっと増えます。なので、資格取得は、在任期間中が一番良い時期なのです。キャリアアップを考えているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の会社を退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。さらに、資格を手に入れることで転職先の面接の場では「即戦力」な人材として認められ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

-コラム