コラム

働く中で回復が難しいほど精神的なダメージがあり、転職しなくてはいけない状況になったのなら…

働く中で回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、職場を変えなくては、という気持ちになったなら・・

働くにあたって精神的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、職場の人と相談するより家族に相談したうえで、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜかというと、仕事をするのは当事者であるあなたです。が、しかし同時に家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高い給料をもらっていたからといって、メンタル面がボロボロになるまで延々と働くのは良いことではないはずです。今の社会では、仕事のしやすさを優先していく生き方が尊重される時代です。家族や、自身の心身を大切にしていきましょう。

自分のスキルや資格をふまえて転職を検討する場合は、比較的、転職しやすい業界・・

自身のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動をするつもりなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界としづらい業種を知っておくと仕事選びに役立ちます。転職がしやすい業界としては、人手不足が問題視されている医療・介護業界が代表でしょう。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今、医療や介護の現場で働いている人が、何かしらの理由によって他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、安易に考えないことが大切です。転職をされるのであれば、他の業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職と転職を度々しないための対策は、シンプルです。

転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在は、ネットを使ってメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動でも、精神面を鍛えさせてくれます。たとえば「外国に行くこと」です。海外は、文化も生活習慣も違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものを実感することができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。ですが、退職してすぐは、メンタルが弱くなりがちなので、適度に休みましょう。

転職活動をしていれば、面接において絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で面接で必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について正直に伝えるのは得策ではありません。転職理由でよくある給与の不満、上司と相性が悪いことなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。自分が不利になることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。さらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

この頃では、株式・不動産投資の不労所得、あるいは独立、起業等・・

今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった背景もあり、「会社の下で働く以外は怖い」といった今までの考えも変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、先行きがみえない個人事業や株式よりも雇用されて働くほうが将来が安定していて、人のあるべき形として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そんな時代は終わり、現代では「成熟期」という風にもいうらしいです。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

派遣として働く会社が決定しました。

派遣として働く会社が決定しました。最初の出勤日に営業担当者と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで合流すると約束をしていたのですが、営業担当者がどういうわけか約束の店の前にいないので店の中にいるのかもしれないと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたら営業担当者はなんと雑誌のコーナーで座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けてじっど見ていました。こんな人が担当者だなんて人間として恥ずかしいことだと感じて、声をかけることもなく気付かれないように店を出て直ちに派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。

再就職しようとする場合絶対に書かないといけない履歴書に関して…

転職をする際に必ず書く履歴書や職務経歴書においては、基本、パソコンを活用して作るのが主流です。日本に関しては履歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で用意するのが一般常識だと考えられていることも多いですが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートに関してであって、実は、転職のケースは履歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とまでは断言できません。自筆を高く買う場合もあるようですが、そうではない場合がずっと多くなってきていますから、パソコンを用いて作成した履歴書でもよろしい会社は意外にもかなりあるのです。

転職をする際に面接で絶対に問いかけられるのが会社を辞・・

再就職で面接で決まっているかのように問いかけられるのが会社を退職した原因です。この質問が出た場合には辞めた会社に話題の中心を当てない方がベストです。退職するに至った経緯が中心となり話が進むとどうしても悪い面を含んだ話の内容になってしまうので。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前の会社を退職したのかという事をこの会社にぜひとも入りたいと思っていたからという話にすべきということで、今、自分が面接している会社の方に話を向けていくといいでしょう。行きたい会社の話だとマイナスではなくプラス面を印象づける辞職の理由に聞こえます。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。会社の多くは履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、これらの書類の作成が重要です。ただ文字を書きさえすればいいというわけではなく、内容が充実していることも必要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きます。また、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。残業を何時間減らして売上は何%増やした、など分かるように書いておきましょう。作成に行き詰まったら、転職エージェントを活用したり、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための選択肢として考えておきましょう。

転職活動では、前もって、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たり…

転職を行うとき、あらかじめ、ネット上の求人サイトを見たりしてその会社のことを調べるのですが、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。たとえ公開するとしても遠回しな表現に徹します。そういった会社情報や社員のインタビューについては、それを事実として見るのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、色々と理由をつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。この手のブラック企業には注意しましょう。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが・・

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに勤務していた期間によって変わり、90日とか120日とか設定されるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら就職先を見つけようとしても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職先の面接官もアホウではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」に関してはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ヘタをすると、面接の際にそのような質問を食らう可能性もあります。しどろもどろになると不合格となるでしょう。

転職する場合、相応の準備が必要となります。

再就職にあたって然るべき準備は不可欠です。その中でも目に映る「服装」は、気になっても仕方がないと思います。しかし、今の面接に関しては、私服がOKな企業も多いので、きっちりスーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の設立してすぐの企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。また、正装ではないので、フランクに話をしやすくなります。また、私服であれば面接のなかで、服装の事で話題が広がることがありますから、担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、今から転職にトライするなら「創立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

大規模な転職エージェントは、多種多様な案件があるという強みがありますが…

「就職エージェント」の大手になると、様々な案件を扱っているという魅力があるといえますが、その反面、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。だからあなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントの担当者が難しいと判断すれば応募してもらえない可能性もありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。つまり大手転職エージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱いとても難しいので、方針を変えて中小規模のエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できないか話しをすると自分のために仕事してくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

就職するため職探しをする場合に特に注意が必要な求人は・・

就職活動に特に注意したほうがよい求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長めのものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多々見受けられるます。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間とか45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、前もって給料に残業代を組み込んでおく、といった仕組みになります。(注意・違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」というワケです。けれども、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を表記していない可能性もあるので気をつけておきましょう。

たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

一般的観点からすると大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望者には向いていません。しかも都会以外だと転職の確率がたいへん少なくなります。けれども「製造業」の場合であれば、都市部でない地方の工業団地のあたりに製造の拠点としていることも少なくありません。さらに、そのような工場の場合、事業分野の拡大の際に中途採用する事が結構あります。そういったタイミングに転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する企業についての予備知識をあらかじめ知っておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人の予定がないか、頻繁にチェックしておきましょう。

これはシフトの仕事についての話なのですが、一定の曜…

「シフト制」のある仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方をあらかじめチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜けた人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うとよく我慢してやってこれたと思います。

自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと思っている方は注意が必要です。

得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、それが高じて、前に、レストランに勤めていたことがあります。そのお店での業務内容は、その飲食店で担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、職場の人間関係に悩まされました。そのことが引き金となって退職する羽目になったのですが、同時に、大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱っていた食べ物すら嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行くことができません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや大好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことです。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、改めて自分自身と向き合ってから行動するべきです。

転職時に重要なのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

転職活動において、重要視されるのが「面接」というものです。一般的な面接では、面接官が応募者に転職を決めた理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接終了の直前に転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の人から「何か弊社について疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張のあまり、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こんな時の為に、面接の前に面接官からの質問に際し、質問の内容をいくつか考えておくのもいいかもしれません。よく考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

生まれて初めて失業保険を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

はじめて「失業保険」をもらう際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が大多数なんですが、それは誤解です。本当は、希望通りに受け続けるためには、職探しを行っていなければならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとにハローワーク職員と面談をして、職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。その反対に、真剣に就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談に参加しない場合は、当然問答無用で給付を一時的に止められたり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために十分注意しましょう。

転職をする活動をしている最中は、なにはともあれとに…

転職をする活動を効率的にやっていくには、まずゼッタイにあなたの心のうちが沈着であるということを大事にしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をするための活動をする場合はたいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってからするのだったら、人というものは焦りがちになってしまいます。そのため、気持ちを抑えつつ、活動を続けましょう。自分でやってみたい業務、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが矛盾していないか、落ち着いてしっかりと見極めることが重要なのです。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

-コラム