コラム

雇用中には、なるべく周りの人間に悟られないよう、(私の例です・・

雇用中には、可能であれば、会社内の人に悟られないよう・・

在職期間中は、できるだけ会社内の人に悟られないよう、(ちなみに私のときは)在職中に転身の考えを活動初期の段階で社内の人間に話してみました。しかし、その後求人誌を散々見て回ったのですが、思いとは裏腹に働き先のあても時期などさえも無鉄砲に煮詰まっていないままズルズルと時間を空費する結果に。その一方で、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

近い将来、私たちの社会的環境においてシンプルな仕…

将来、社会的には確実にシンプルな仕事は機械に差し替えられていき結果、そういう仕事をする労働人口はどう考えても削減させられてしまいます。簡単な労働という観点では人間の手を借りるよりも機械で作業するほうが数段に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返したりすることは機械にとっては何の苦もありません。人間とは違って泣き言も言わない、ペースが変わることもなく横着をすることもないし、正確だしそれを均一化できます。さらには、賃金が発生しないのもメリットといえます。このように、人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械に置き代わるのも当然の流れなのです。

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるため、…

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される企業も豊富なため、2社か3社くらいサイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。だとしても、初めだけは登録するのに本当に労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後の応募を考えれば、最初の準備をしっかり行うことを推奨します。

転職活動で大事なことは希望する企業そのもの、というより・・

転職活動では、企業そのものよりも、採用担当の面接係員とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、初歩として緊張せずに平常心で対応することを心がけましょう。例を挙げると出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる向かうと緊張がとけるかもしれません。とくに面接係員はもっとも最初にあなたの「人間性」をくまなく見られるので悪い印象を与える身なりは注意しやめましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じてきちんと整った服装を意識してください。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

転職をする場合、転職先での自分の給料について気にする人が…

転職を考えるとき、転職先での給与を気にしすぎる人がかなり多く見受けられます。もちろん誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として稼ぐために働くのはずです。したがって年収は自身の社会的な価値を知る値という面もあるから大切と感じるのは当然なのですが、しかしながら、愚かにも年収の額ばかりを執着しすぎる生き方というのも寂しいものです。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることがあるからです。

一昨日転職先を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

先週新しい仕事先を探すために人材会社に登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の方が見た感じ経験の少ない社員のようで、私が説明している話の3割もその社員は理解ができていない様子です。そのくせ「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておく必要があります」等、一人前のように横柄にのたまうから非常にイラつきました。カウンセラーはいくらか社会人経験がある方にしてほしいものです。

再就職を考えたとしても、全てがスムーズに進行するかどうかはわかりません。

仮に転職をしようと考えていても全部が都合よく運ぶと断言はできません。できればいつかするつもりなら極力早い時期に考えておくべきでしょう。平均としてみると、30代前半まではとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職結果は、かなり厳しいといえます。もしも、重要なポジションに就いているのなら、転職の気持ちが強くなっていても現在の会社に居残ることも選択項目から外さないほうが良いです。要するに、退社してから転職活動するよりも、今の仕事は続けながら時間をかけてじっくり探すほうが失敗することもありません。

転職の時にする面接では企業側からクールビズでもOK…

再就職の面接において会社側からクールビズ可とと書かれていることもありますが、なかには、クールビズで面接するのは失礼なのでは?と思いがちです。そういう悩みを心に感じている方々に進言したいのは、企業側からクールビズで来るように言われたのであれば、伝えられた内容を守った方が間違いないです。混乱してしまい、夏の暑い時期にしっかりとスーツを着ると不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズ可と書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。

クールビズの格好をして転職の面接に行くときには、さすがにジャケットまで…

クールビズの服装で転職の面接に行くときには、ジャケットはさすがに着込まなくても大丈夫だと言えるのですが、ネクタイはした方が悪い印象を与えることがありません。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている企業も存在する場合もありますが、ことネクタイはクールビズでも身だしなみとしてするべきだと考える会社がいくつかは存在します。ですので、例えクールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が良いということをわかっておいてください。

これから転職しようと考えるのなら、現在の職場や仕事の何が気に入らないのかを…

そろそろ転職活動しようと考えるのなら、現状の仕事や業務の何が気に入らないのかを洗い出しておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満な点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現状である業務や業務の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。その次にもしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぎやすく、成功することが可能なはずです。

求人に関係する情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

求人情報をチェックする折、デスクワークがしたいからと、製造業に目を通さない人がいますが、そのような人というのは、「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と早合点していることが少なくありません。実際に、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった人材募集に加え、購買や営業管理等のオフィス系の部署もたくさん存在します。ですが、製造業の大半はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがデメリットに感じられるかもしれません。だとしても、自身のこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

知人からの紹介によって転職の先を探すこともあるでしょう。

知っている人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。とはいってもそこでの労働環境や、それから労働条件などを友人知人からの口コミを信用しすぎると良くはありません。どうしてもそういう口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に友人から見たらベストな職場であっても、自分の主観で見た場合、まったくそう思えない可能性があります。でもその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、自分自身の目で確かめておくことも大切です。

今まで私は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。

今までは、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で仕事を探していました。その理由は、ほとんどの転職サイトはいつも都心の求人情報しかないからです。このため、転職活動をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。求人募集をしている企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域に根ざした企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」というイメージがある人が多いとは思います。転職サイトとは違った求人もあるので、数年以内に転職を検討しているのなら、お近くのハローワークに1度行ってみるのも手です。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。

転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動する人は年々増えています。

転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動する人は年々増加しています。そうとはいえ、よりよい転職先を探すには、それに並行して転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加したのなら企業の情報に直接触れることができますし、加えて、説明員等を通じて、その企業の社風についてある程度は知ることができます。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接だと思って良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。運よくフェアの中で、自分の能力や人柄が評価されれば、その後面接に進む際にかなり有利になります。

転職の面接を受けにとある会社に訪ねました。

転職の採用面接を受けるため希望先の会社へ赴きました。その日に限って会社内の面接をする部屋が空きがないとのことで外のとある場所で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われ、そのまま解散して、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、ところが下車する駅が私と同じだったのです。なので電車内でも面接を行った人とずっと話しながらいっしょに帰宅することとなって、打ち解け面接の時よりも話が弾み、それがプラスになったのか何の問題もなく採用を勝ちとることができました。

転職の際の面接では、中堅企業だったら大抵は「人事」が面接担当です・・

転職時の採用面接では、中小企業であれば、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、それ以外の場合もあるようです。例を挙げるなら、共に仕事をする現場の責任者、わかりやすく言うと部長・課長などの中間管理職が面接を担当する可能性もあります。中でも営業系や事務系に再就職する場合は資格のみでは具体的なイメージはありませんので、きちっと自分をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この人はしっかり自己主張するし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

転職の面接のときにつける腕時計に関しては、どう見ても目を惹くタイプ…

再就職する時に行われる面接でする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計はつけて行かない方が良いと言えます。この場合の、目立つは見るからに高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなく反対にチープなものの印象を持たれてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真反対で目立つのだと理解しておいてください。面接の際に付けるべき腕時計においてはポジションとしてはネクタイやスーツと同様に、無難なものをするほうが賢明だと言えます。とはいえ、自身の年齢に見合ったものであるということも外せない条件で、新卒の頃に面接時にしていた腕時計よりは多少なりとも値が張る腕時計にした方が好印象であるということは言えるでしょう。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話・メールで何回も連絡が入ります。

転職サイトに一旦登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。これについて初めて利用された人は非常に驚くかもしれません。転職エージェントは転職を推進することが役割だと考えられるので、とても積極的な姿勢でいます。中でも大手エージェントは、転職を成就させることによって企業からお金がもらえる仕組みといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。加えて、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れたその日に、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。自身の気持ちを明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払っておきましょう。

転職活動を行う際、様々な方法で情報を得るのが通常だと思います・・

転職活動を開始するとき、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。辞めさせられた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことが書かれているので、潰そう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると捉えておいて問題ないと思います。というか、いい会社には煙すら立ちませんから。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、任意のタイミングで辞められるわけではないと・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職活動したことで理解しました。結婚した後、生活が落ちついたら、できればすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年ほど今までのそのまま仕事したかったので就職しました。派遣社員だったので、正社員よりも月収は少なかったのですが、やはり時間的な自由が得られるのでガマンしました。が、いざ入社後、一緒に働く人たちの多数のスタッフが派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気付かされ、ちょっと困っています。

-コラム