コラム

転職の意思があるのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

新しい転職先で、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の予定があるのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。中でも、転職したはじめの年度は、ほとんどの場合「試用期間」を含んでいる企業もあるのです。私の転職では、労力を費やして新しい職を見つけることができたのに、期待に反して年収が前職での稼ぎとあんまり同額ということがありました。そればかりか、仕事もきつく、重大な責任が伴うものでもあったので、初年度はものすごく苦労しました。そのような経験をしてみると、初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、もっというと転職する前にお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは…

女性の転職に関しては、今と数年前では少なからず、変化があるといいます。一昔前は面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の予定に関して、ごく普通に質問されることが多くありました。しかし、現在は結婚などについては、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業ほど、かなり神経を尖らせているようです。ただ実際、企業側は、〇か×ではなく、その人の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っているはずです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと混ぜながら言い表すことで、企業側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。質問されていないことでも、あなた自身から気遣って答えてみると良いでしょう。

今までの求人誌では、雇用側の希望する「性別」が明記されていました。

以前は求人情報では、求める人材の「性別」まで明記されていました。ですが現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、採用する際、男女の差別がないようにしないといけないルールができて、応募条件の詳細に「性別」を明記できなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、求人する側には男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。そんなわけで、実際は男性を欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もしも、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、女性を希望しているのだと考えると良いでしょう。

職を変える時に必要なスーツの色味については、新卒の人たちが就職活動・・

仕事の面接で着るスーツの色味は、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けている色味が暗黙の了解となっています。ということは、黒や紺色の暗めの色合い、ということになります。それが、再就職の場面においても、着ていくスーツのカラーに関しては黒系や紺系の落ち着いたカラーが圧倒的な数を占めていて、それ以外の色の転職者は少数です。あえて言うならば、たまにグレーの人がわずかにいるくらいで、全体から見ても紺や黒のビジネススーツを着ている人が大多数なので、採用担当の人も黒や紺のスーツが自然です。ですから、身だしなみ、という観点においては推奨したいわけです。

このように特に昨今の企業の雇用に対する考え方の激変・・

最近の労働背景の変移を、34歳ぐらいまでの若年層ほど鋭敏に感じ取っているようです。おそらく、自身のキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。ですので、働き手といった労働力の「流動化」が顕著となっているので、次第に今後、益々若い世代以外の層にも転職の関心が高まる気がします。そういったことから、勤め先を変えることは他人事でなくなりつつあります。終身雇用が蔓延していた時代には「転職」は、評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうこともたくさんありました。ところが、時代が変わり今の会社に執着する必要は無くなってきていると言われています。

あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に・・

あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方へと移住したうえで転職してみたいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。この頃は転職サイトの地域指定をするだけで、地方・郊外での求人情報にも容易に得ることができますが、ただ、地方での求人情報では、都心のような選択肢は期待できないのが痛いところでもあります。といった問題があるので、求人サイトを利用するのは当然ですが、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートの有無も注視しておきましょう。

転職すると、高い確率で前の仕事での多くの記憶は美化されます。

仕事を変えた場合には、大体の場合、それまでの仕事の出来事は美化されます。実を言えば現在の会社にダメだから前向きな思いでどうにか退職を決め、再就職したはずなのに、過去を思い返すとどうしてかわからないけれど「前職のほうがマシだった」と思う機会が増えてきます。というのは極めて普通のことで、以前の職では日々の仕事を把握していて、事もなくやるべき業務もあっさりと消化できていたのも一番の根底にあるはずです。けれども「退職なんてしなけりゃよかった」と本気で感じるほど、前職の方がやりがいも自分に合っていたケースもあります。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍内閣で・・

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までにない変化が現れ始めています。それもあって企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」がクローズアップされています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(業・・

今後転職活動をするという時は、気になる求人(業種)があったら、逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス面などは知ることは不可能です。もしブラックな面があるなら簡易的なネット検索によって瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そういう現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとになって入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出されていた理由が「内容がきつく、人が定着してくれない」という場合が少なくないのです。気になる案件・業種については、しっかり調べた上で応募しましょう。

転職を行うなら、もちろんやりがいのある仕事か考えることも大切だ…

転職先を決めるとき、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一緒に収入が増えることも大きなポイントなので「年収比較サイト」に登録して前もって調査をしています。全く同一の会社で一緒の職種、経歴であるにも関わらずすごく人によって違いがある場合も多くて、ぶっちゃけた話面接の時質問したことがあります。面接をした人もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人について誰かそこそこは察しがついているのですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をパスし・・

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。すぐに先方から面接の日時を指定してもらいました。ですが、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待つと、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、終始驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、面接が終わりました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。仕方なくまた電話をしたところ、「残念ですが不採用になりました」、とその直後、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果てて絶句してしまったのですが、正直、不採用で良かったと痛感しています。

看護師でありながらそれと違う職業に転職を決断する理由は、…

看護師という仕事の人のそれと違う仕事に転職を決断する理由は、人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと看護師が他の職業への転職には「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚で配偶者のこともあって出産おまけに親の介護など、身近な家庭環境のいろいろな変化によって仕事が難しい」「今の給料に不満を感じている」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を決める前に転職したいと、改めてじっくりと現状を客観視することも大切なことです。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してから決断すれば間違いが減らせます。

いい会社の社員になりたいと転職で活動している人の大・・

今と違った企業がいいと転職希望者の場合、「ほんのちょっとでも早く、内定(採用通知)がほしい」といった気持ちが強くなってきます。が、そのために良い知らせが得たいばかり、自身の能力に関して嘘をついたり、あるいはその逆に自分を安売りするような言動はゼッタイに避けましょう。そうではなくて、焦燥感をグッとおしころして、冷静になりつつ、自分にふさわしい職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を賢く選択してみましょう。

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな…

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これはあなたが働いている会社で「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の額は、会社の辞めた月の直近の給料を基準に支給する額を割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

いわゆるスマホを見ればネット上には、今では「転職サイト」に類するも…

最近PCやスマホは便利でインターネット上では、転職情報を掲載している「転職サイト」がかなりの数存在しているのをご存知でしょうか?その多くて困るくらいのサイトから自身が欲している転職先を見いだすにはまず、情報を集めることが必要です。こんな転職サイトをしっかり活用することで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

「石の上にも三年」という諺もありますが、昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。

古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、現在の社会では終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。転職するつもりなら、適した時期を図る必要があります。初歩として、現在の職場、仕事内容について、納得できない点をおよそ10個、紙に書き出ししてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、先るだけ迅速に、今よりも良い仕事ができるよう、トライしていることも大切です。

転職したいなら、多くの会社の情報を日頃からチェックしてお・・

転身を考えているなら、いろいろな企業の募集案内を調べておくと転業先の選択をするときに役立ちます。あなたが今現在の職場に不満足だと、いざ転職活動をはじめたとき、どこの企業もいいように映ってしまいます。そんな状況下では、どこを選択したら良いのか迷ってしまい、どんな会社でも飛びついてしまいます。その結果、短期で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引先を見る事です。透明性を重視する企業は、取引している会社の情報を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭した…

転職期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない生活がベストです。採用が決まり、仕事を始めた際に、趣味に夢中になっていたおかげで知らないうちに集中する力が養われます。加えて、体力づくりも同時にできているため、その場の社員たちと比較するとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは好きなことに打ち込むことと、体力アップをしておくことをしておいて損はありません。このあと、その職場であなたと共通の趣味を持つ人と知り合えたのなら、親しくなれるきっかけになるので、趣味を極めることが転職期間の自由な時間の使い方です。

再就職を考えている時にマークする求人内容は参考程度に、アバウ・・

仕事を変えようと考えている時にチェックすることになる求人情報というのは、目安として記載されている、という可能性があります。そのため、そこに記載されている情報は何もかもが正しいことだとは簡単に信頼しないほうがよろしいでしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給料の額などに関しては、一般的な額なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?というような判断ができないケースが多く、勝手な判断で判断してしまうと、後から悔いが残ることもあり得ます。ですから、そうならないためにも、求人情報は参考程度に考えて、そういったたいへん重要なことは会社の方に直接連絡を取るのが妥当でしょう。

再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を手渡された・・

再就職の面接などにおいて名刺を手渡されたら、同じように自分も名刺を渡す必要があるのかどうかとどちらが正解かわからない場合ほとんどの場合は差し出す必要のないもの、と思っておいてください。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、普通一般的には名刺を交換する場とは異なります。合わせて、会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。なので、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちら側はもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる必要性はないと推測できるのです。

-コラム