コラム

今現在の自らの仕事や職場に関して、不満に思っていることの中に・・

今現在のあなたの勤め先や業務内容について何かしらの不満があるはずです。

今の自らの勤め先や仕事内容に対して、不服に思っていることの中に、「自分の能力(スキル)を正確に評価されていない」したがって、「給料は上がらず、将来レベルアップする見込みもない」といった不満が多数を占めます。けれど、その手の悩みを持っている人の一部には、自分の持っている実力を過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と中々転職先が決まらないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性があります。ですから転職を円滑に行うためには、実際の自身の能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

派遣の会社に登録をしています。

今、私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイト内でなにげなく自分にぴったりの仕事を見つけ出して応募しようとしたところ「そのお仕事はすでに他の方の採用が内定しています」とお断りされ一瞬ウェブサイトから仕事の情報が消えるのですが、その次の日には情報が閲覧可能になっています。これって結局私ではダメと言いたいのですね。そうであるならば最初からプライドを傷つけない程度にはっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはまたもしかして偽りの仕事なのでしょうか?

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう

人生で初めて転職をするとき、なぜ現職を辞めたいかをハッキリしておかなくてはいけません。

生まれてはじめて転職をするのであれば、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を去るのかについて明確にしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが無難でしょう。その上で問題を解決できそうな企業を選択してください。転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を続けながら転職活動を続けていくので、時間と体力が必要不可欠です。ゆえに明確な理由がないまま転職をしようとしたら、途中で行き詰まる可能性が高くなります。何とか転職したい、現状を変えたいといった強固な意志がない場合は、転職活動のスタートを切ることはやめておくのが無難です。

転職先で会社見学しておけば、非常に参考になります。

転職しようと考えている会社で会社見学などがあれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、技術を必要とされる業種なら、職人技を近くで見られるので気持ちが高ぶります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、本当の働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのはブルーワーカーなどの業種です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社してみないと、本来の姿はみえません。なので、仕事=見学で触れた内容と解釈しないことが大切です。また、見学の時に実際に仕事体験できる会社は危険ですし、正直言って、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない段階ではもし何かあっても、それに対する保障がないため、仕事体験を勧められてもやんわりと断るとこが大切です。

仕事を変えようとするときに、まずは今の会社を辞職した…

職を変える際に、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをしてからとする人たちもいますが、そのような場合にはボーナスがいつもらえるのかを事前に確認しておきましょう。ボーナスが支給される企業は山ほどありますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが振り込まれる時期まで数か月しかないなら、支給日を待って退職するというのも得をする方法です。ボーナスだとそこそこたくさん入るので、もらった方が良いとはっきりと言うことができますから、辞職する際にはボーナスの支給日について知っておくほうが賢明なやり方です。

未経験である業界などに転身したいと思っている場合に・・

全くの初挑戦となる分野などに転業したいと思っている場合には、自分が以前の会社で育んできた腕前や経験したことが生かせるという内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のないジャンルの場合、それだけそのジャンルの経験者よりも事実、足りない部分はありますが、自分自身が保持している能力がそこでも十分に発揮することができるということを相手に話せれば、戦うことができる場合も多々出てきます。そのため、経験が全くない分野にチャレンジする際には、その業種とこれまでに自分がしてきた職務内容とのつながりを可能な限り考えましょう。

より安定した暮らしを欲しがり正規の雇用社員として働こうと思っている人・・

より安定した生活基盤を希望して正社員として働きたいと考えている人は結構多いと思います。ですが、即戦力として働けるようにかなり努力していても、正社員としての転身が実現しないこともあります。契約社員の求人を見たとしても、正規雇用の求人以外はスルーして悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。しかし、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員の求人募集もチェックしてみましょう。契約社員の募集を掛けている会社でも、働き手の実力により、数年で契約社員から正社員への転換が図れることもあるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスの有無を尋ねておけば、後々の役に立ちます。

転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。とはいっても、働きながら求人情報を探しながら応募したり、面接に臨むのは精神的だけでなく肉体的にも消耗が激しいです。転職活動をしているあいだ、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、自分で直接応募した場合も応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しておくべきです。

転職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適合す…

転職で勤め先を一新するということは、自分自身に適する勤め先を見つけ出したほうが好ましいということです。仕事を変えれば、自分にもってこいの仕事に、就くことができるかもしれません。が、プラスの面だけではなく、即戦力となりうる能力を持っていないと、良い職は得にくいはずです。他の言い方をすると、自分の価値をあげることで、「天職」にありつく可能性も広がる、ということです。現在の社会では職業選択の自由が社会通念上として認知されているので、退職して転職しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。組織と人との関係が薄まりつつある今現在、「即戦力になる人材が欲しい」と希望する企業も多くなっているので、このチャンスを狙って転職を考えてみましょう。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?・・

転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ質問されます。そのとき、いくらあなたが正しくとも、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」についての愚痴やトラブルを絡めた内容などは、極力口にしないようにしましょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのがとても重要で、本当の理由でなくとも、「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような内容で自分を売り込むことが担当者の心証はよくなります。

在職していた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩まされ…

勤めていた会社で性格が合わない上司に神経を使い、ついにはこれ以上は無理だと思いその会社を退職し、同業の他の会社に変えました。人間関係も良好で本当に満足した日々でしたが、月日の経過とともに会社の収益が落ち込み、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。ところがその経営統合した会社がなんと前勤務していた会社で、しかも反りが合わない上司が再び私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新規の転職活動を始めています。

再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに…

転職期間では知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、だれた生活になりやすいですよね。が、そういった過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。なぜなら、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする意欲を失い、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そうすると、すべてにおいて悪循環になり、転職先が決められません。転職先を決めることができないのは、もらえるお金を一番に考えてしまうからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

派遣会社に会員登録して働く人が近時増加する傾向にあります。

派遣会社に登録し、働く人が過去の規制緩和以降、増えてきていますが、仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかを面接のときに質問しておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が多いです。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣業者も多く、悪い派遣会社では、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しないケースも多くあります。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できるなら違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

昔は看護婦と言われていた看護師は、歴史的背景から男性以上に女性が活躍して・・

その昔は看護婦と言われていた看護師は仕事として歴史的背景から女性の割合がたいへん高い職場です。それだけでなく、気力それから体力をかなり消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、対人関係の問題や、自身の結婚や出産の後に仕事と私生活のバランスが難しい仕事といえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現実です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に変わらず継続しています。常に各病院は、看護師を募集する「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

転職のための採用面接に関して、多数の人が考え違いをしているので…

転職の際に外せない会社の面接に関して、やめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりしていると、正直なところ悪い結果につながります。そうなる前にその場を繕うのではなく面接の際は「報酬」といったような、通常はかなり質問しづらいことを勇気を出し質問しておくと、自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすると結果が悪い結果になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、しかし、意外なことに、好印象を持ってもらえることは少なくないようです。こういった実は面接時に誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。それなのに、不採用を恐れるあまり、普通は質問できません。しかしながら、一歩踏み出しておくと、「こいつは他と違う」ということで思わせることができます。

現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして・・

近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、不利益を被るシステムができてきましたが、完全とは言い難いというのが現状です。だから、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などで労働条件を見えておき、それらの項目を順番にいろいろと質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。中でも「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問していくうちに、渋い顔をする場合が多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、入社は止めるべきです。

もしも再就職の前に、今働いている会社の人たちがそのことを知ってしまうと…

もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の状況が一変するおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。加えて、残業時間を増やされることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。なので、避けるために今現在の職場では、真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態のまま最高の形で会社を辞めることが出来ます。それに、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、辞めた会社に困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業界や規模に関係なく、どこの企業も、人とのつながりは大事なので、辞める前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

従兄の友達の話です。大学生のときの就職活動でどうしても入社したかった…

こういう転職という話は従兄からの話です。始めに大学生のときの就職活動でどうしても入社したかった憧れていたA社の最終面接で不採用になって、ですからやむを得ず他の会社に就業しました。数年経過した頃に派遣求人サイトを見ていて偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、じっとしていられなくなり当時働いていた会社をすぐに退職して、A社に入って、派遣の業務を始めて、勇気がありますね。真面目に頑張ってその先幸運にもA社で正社員として採用されて、今ではやりがいを持ちつついきいきと勤めています。

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、早期に…

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、早期に辞めてしまうという届を提出する人が思いの外多いものです。何故かと考えてみるとおそらく気持ちも新たに、素晴らしい環境を見つけたものの、「自分自身の理想としていた職場とだいぶ違っていた」「こんなはずが・・・」と考えてしまって退職してしまうのだとか。可能ならこういった、転職先選びで繰り返さないためには、やはり、事前の情報集めを徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、通勤にかかる時間、などいろいろ前もって調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

-コラム